ウラゲツ☆ブログ

urag.exblog.jp
ブログトップ

2017年 03月 06日 ( 2 )


2017年 03月 06日

3月末発売予定新刊:上野俊哉『[増補新版]アーバン・トライバル・スタディーズ』

2017年3月27日取次搬入予定|ジャンル=現代思想・文化研究

[増補新版]アーバン・トライバル・スタディーズ――パーティ、クラブ文化の社会学
上野俊哉著
月曜社 2017年3月 本体3,000円 四六判変型(130mm×190mm) 並製448頁 ISBN978-4-86503-042-6

アマゾン・ジャパンにて予約受付中

どうして、どのように、人々は集まって踊るようになったのか? 2005年の初版刊行から12年を経て、パーティやクラブなど「都市の部族(アーバン・トライブ)」の集う現場につねに身を置きながら根源的に思考/記述した類書なきエスノグラフィ、待望の増補新版刊行。100頁超の長大な「増補新版への序章 蝕のコスモ・ポリティクス――そしてまた野外で踊る」と次なる書物への誘い「ブックガイド 都市の部族(アーバン・トライブ)について継続して考えるために」を附した決定版。

上野俊哉(うえの・としや):1962年生まれ。和光大学表現学部総合文化学科教授。社会思想史、文化研究、メディア論。近年の主な著書に『思想家の自伝を読む』(平凡社新書、2010年)、『思想の不良たち――1950 年代 もう一つの精神史』(岩波書店、2013年)、『荒野のおおかみ――押井守論』(青弓社、2015年)、『四つのエコロジー――フェリックス・ガタリの思考』(河出書房新社、2016年)など。主な訳書に、ポール・D・ミラー『リズム・サイエンス』(今西玲子との共訳、青土社、2008 年)、イアン・コンドリー『日本のヒップホップ――文化グローバリゼーションの〈現場〉』(監訳、田中東子・山本敦久訳、NTT出版、2009年)、スティーヴン・シャヴィロ『モノたちの宇宙――思弁的実在論とは何か』(河出書房新社、2016年)など。

a0018105_1831759.jpg

[PR]

by urag | 2017-03-06 17:22 | 近刊情報 | Trackback | Comments(0)
2017年 03月 06日

星野太×高橋明彦トークイベント@金沢・芸宿

星野太さんの『崇高の修辞学』刊行を記念し、以下の通り金沢市内でトークイベントが行われます。

◎星野太(話し手)×高橋明彦(聞き手)「『崇高の修辞学』出版記念トークイベント」

日時:2017年3月17日(金)18:00-20:00
場所:芸宿裏棟2F(石川県金沢市石引1-16-28)
料金:¥1,000(食事付)
問合:080-1456-7471(別府)
※食事の用意もありますので、参加希望の方はリンク先の参加ボタンを押すか、事前にお知らせいただけると助かります。

星野太(ほしの・ふとし):1983年生まれ。美学、表象文化論。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。博士(学術)。現在、金沢美術工芸大学講師。著書に『崇高の修辞学』(月曜社、2017年)、共著に『コンテンポラリー・アート・セオリー』(イオスアートブックス、2013年)、訳書にカンタン・メイヤスー『有限性の後で』(共訳、人文書院、2016年)など。

高橋明彦(たかはし・あきひこ):1964年新潟県生まれ。金沢美術工芸大学教授。東京都立大学大学院博士課程単位修得退学。専門の日本近世文学の研究手法(注釈学、文献学、書誌学など)を用いて楳図かずおも研究する。著書に『楳図かずお論』(青弓社、2015年)。大学では一般教養の文学や論文指導を担当する。好きな哲学者はベルクソンとドゥルーズ。

+++

また、すでに告知済ですが、代官山蔦屋書店での講演会についても再度お知らせします。当日、サイン会を行います。また、ご来場者には特別小冊子(書き下ろし)をプレゼントします。内容は「『崇高の修辞学』本編未収録の覚書」および、人文コンシェルジュMさんとの「一問一答」が収録される予定です。

トークイベント:『崇高の修辞学』(月曜社)刊行記念・星野太講演会

当日ご希望の方にサイン会を予定しております。サイン対象本は、当店でご購入いただきました対象書籍のみとさせていただきます。また、今回のイベントご来場のお客様にのみ、限定の書き下ろし特別小冊子をプレゼントする予定です。

日時:2017年03月24日(金) 19:00~
場所:蔦屋書店1号館 2階 イベントスペース
定員:70名

参加条件:代官山 蔦屋書店にて、対象書籍『崇高の修辞学』(月曜社刊/3,888円税込)をご予約・ご購入頂いたお客様。またはオンラインストアにて参加券をご購入のお客様。
お申込み方法:①代官山 蔦屋書店 店頭(1号館1階 レジ)、②オンラインストア(2017年3月22日午前9時まで受注)、③お電話 03-3770-2525(1号館 1階 人文フロア)

対象商品:『崇高の修辞学』(月曜社 3,888円/税込/地方発送も可能)もしくはイベント参加券(1,000円/税込)

注意事項:参加券1枚でお一人様にご参加いただけます。イベント会場はイベント開始の15分前からで入場可能です。当日の座席は、先着順でお座りいただきます。参加券の再発行・キャンセル・払い戻しはお受けできませんのでご了承くださいませ。止むを得ずイベントが中止、内容変更になる場合があります。

+++

『崇高の修辞学』をめぐっては、「Book News|ブックニュース」2017年3月4日付エントリー「「崇高」に惑わされないための丁寧な考察『崇高の修辞学』(星野太著)」にてご丁寧な紹介を賜りました。また、「ユリイカ」誌2017年3月号「特集*草間彌生――わが永遠の魂」の表4に本書を含む弊社新刊広告を出しております。さらに、3月下旬にはいよいよ重版もできあがる予定です。初版本をお買い求めになりたいお客様はお早めに書店店頭在庫よりお求めください。

+++
[PR]

by urag | 2017-03-06 15:00 | イベント告知 | Trackback | Comments(0)