ウラゲツ☆ブログ

urag.exblog.jp
ブログトップ
2009年 11月 29日

門外不出、ユングのカラー写本『赤の書』日本語版が創元社より来春刊行

鏡リュウジさんのブログ「鏡リュウジのRyuz-café」でもすでに話題になっていたユングの『赤の書』の複写版ですが、先月(09年10月)にまずドイツ語版が刊行され、来月(09年12月)には英語版が刊行となります。『赤の書』はユングがフロイトと決別する時期(第一次世界大戦前夜)に書きとめていた夢日記を、後日自身の注釈と挿画を付して書き写したもので、色鮮やかな写本のようなその内容は、門外不出のものとして長らく伝説的な存在であり続けました。

その日本語版がついに来春、創元社から刊行されることになりました。これはすごい事件です。写真は出来上がったばかりの内容見本を撮ったものです。内容見本の中身は以下の通りです。
a0018105_21215089.jpg


左は『赤の書』についての解説、右は本文組見本(70%縮小)です。
a0018105_21181586.jpg


推薦文は、梅原猛さん、中沢新一さん、萩尾望都さん、横尾忠則さんの四名から。豪華ですねえ。
a0018105_21221798.jpg


そして内容見本の折り目を全展開すると、『赤の書』の3頁分の複写が現われます。圧巻。感動ものです。かつて創元社で出版されていたユングの『東洋的瞑想の心理学』の口絵でも、『赤の書』から二葉のカラー図版(「火神アグニの誕生」「ブラフマンの使者」)を縮小サイズで見ることができましたが、今回出版される複写版は原寸での再現ですから迫力が圧倒的に違うはずです。
a0018105_21223543.jpg


最後のページは、日本語版『赤の書』の書誌情報です。発行は2010年2月末、発売開始は3月アタマと聞いています。
a0018105_21225231.jpg


赤の書
C・G・ユング著、ソヌ・シャムダサーニ編
河合俊雄監訳、田中康裕・猪俣剛・高月玲子訳
創元社 09年2月 A3変型判、函入上製、464頁予定
特別価格税込37,800円(2010年9月まで。以後は税込42,000円)

まあこのデフレ時代に猛烈に高い本ですが、なにせフルカラーの大型複写本ですし、各国語版に比べて日本語版はいっそう愛蔵に相応しい造本となると聞いています。日本語版を手にする最初で最後の機会になるかもしれませんから、ここは覚悟を決めて予約したいところです。なお、語学堪能な方は、英語版をお薦めします。外貨事情で、本家米国アマゾン・コムで予約すると今なら同社日本サイトよりお得だと思います。

なお、創元社より刊行されているユングの訳書では今年9月の『哲学の木』が売行好調と聞いています。また、人文書院からは同じく9月に、長期品切だった『心理学と宗教』(ユング・コレクション3)も復刊されました。当ブログでは来月、『赤の書』の英語版を日本語版に先駆けてご紹介できると思います。

最後に補足になりますが、人文書院では『心理学と宗教』の前に『アイオーン』や『結合の神秘(I)』を復刊しています。ユングの著書はいったん品切になるとどうしてもすぐには重版されないですし、古書価も落ちませんから、ぜひこの機会にお求めになることを強くお薦めします。

人文書院ではユングの復刊と並行して、エリファス・レヴィの『高等魔術の教理と祭儀-教理篇』と『高等魔術の教理と祭儀-祭儀篇』を再刊していましたが、喜ばしいことに、来月(09年12月)には同じくレヴィの『魔術の歴史』も復刊する予定で、年明けの1月には『大いなる神秘の鍵』(鈴木啓司訳、A5判上製540頁、本体予価6800円)というレヴィの新刊も発売予定だそうです。

***

09年12月2日追記:創元社営業部のHさんから『赤の書』の目次予定を教えていただきましたので、アップします。

◆創元社版『赤の書』目次(予定)

序文「新たなる書:C・G・ユングによる赤の書」ソヌ・シャムダサーニ

第一の書
プロローグ 来るべきものたちの道
第1章 魂の再発見
第2章 魂と神
第3章 魂への奉仕について
第4章 荒野
荒野での体験
第5章 前途へ向けての冥界降り
第6章 精神を引き裂くこと
第7章 英雄の死
第8章 神の宿り
第9章 神秘。出会い
第10章 教え
第11章 解放

第二の書
さまよう者のイメージ
第1章 赤色
第2章 森の中の城
第3章 卑俗なる者の一人
第4章 隠者。第一日
第5章 第二日
第6章 死
第7章 初期の教会のなごり
第8章 一日目
第9章 二日目
第10章 ここに受肉がはじまる
第11章 卵を割る
第12章 冥土
第13章 生け贄の殺害
第14章 神の愚行
第15章 第二夜
第16章 第三夜
第17章 第四夜
第18章 三人の預言者
第19章 魔術の才
第20章 十字架の道
第21章 魔法使い
試練
結語

付記A:解説
付記B:1916年1月16日の箇所に関する『黒の書』からの記載
付記C:付録図

以上です。まるでファンタジー冒険小説のような章だてですよね。実際に、まさにユングにとっては内面世界への大いなる冒険なわけですが。日本語訳の出版が待ち遠しいです。
[PR]

by urag | 2009-11-29 21:23 | 本のコンシェルジュ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://urag.exblog.jp/tb/9329435
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< ユング『赤の書』(The Re...      人文書在庫僅少本フェア第5弾:... >>