ウラゲツ☆ブログ

urag.exblog.jp
ブログトップ
2009年 11月 02日

いわゆる「コルシカ騒動」

コルシカ」とは株式会社エニグモが09年10月7日にオープンさせた雑誌専門のオンラインストアで、「全ての雑誌をオンラインへ」という勇ましい標語の元に雑誌をデジタルデータ化し、個人が購入したアイテムを閲覧できたりスクラップしたりすることができるという、ユーザー目線で言えば「画期的な」サービスでした。しかし、出版社に無断でスキャンしていたため、オープン早々に業界から「版元へ事前に相談しないで何を勝手にやらかしてるわけ?」と非難され、あっという間にサービスを一部中断、一週間後には正式に全面中止を発表しました。報道によれば、エニグモ側は「購入したユーザーのスキャンを代行しているだけで、著作権法の私的利用の範囲内だ」と強弁していたそうですが、雑協(日本雑誌協会)から「エニグモは販売事業者である以上、当該複製行為が私的利用として権利制限の対象となることはありえない」とバッサリ切られました。

エニグモの共同代表である田中禎人さん(1974‐)は、氏のブログ「CO-COE BLOG」10月7日付のエントリー「コルシカ、オープン!」において次のように意気込みを書き込んでおられました。

「雑誌が「使い捨てメディア」になってしまっている。製本された雑誌という形に縛られている。そこを開放すれば雑誌の価値は今よりもっともっと高くなるはず。/自分が買った雑誌をオンラインでライブラリー化でき、それをいつでも読み返せることができたら、しかも気に入った記事をフォルダー分けしたり、昔買った雑誌の中身をキーワード検索できたら、雑誌は変わる。読者が、買った雑誌のコンテンツをもっと活用できるようにすれば雑誌の価値は確実に上がる。/そういう気持ちを込めて、本日「コルシカ」というサービスをオープンさせた。/雑誌市場、これから盛り上げます」。

製本形態からの解放という主張自体は私は共感できます(05年11月4日記事「書物の脱製本化をめぐって」)。昨今の雑誌業界の著しい凋落ぶりは誰の目にも明らかなので、こうした発想を実現したいという欲望もしくは大義には逆らえなかったのかもしれませんね。しかし雑協に指摘されるまでもなく、法律上問題があるとは気づいていなかったのでしょうか。雑誌は、記事や写真、タイアップ等々、著作権が書籍と比べてかなり入り組んでいます。雑誌がまさに「読み捨て」にされるメディアだからこそ誌面上では一時的に併存可能だったそれら諸々の権利を、単純に一括して扱えるわけがありません。無断スキャンをめぐっては、書籍業界の方でもGoogleブック検索に見られるように大いに問題化しているのが世間にもある程度知られているわけで、エニグモの法務担当なり顧問弁護士はいったい何をしていたんでしょうねえ。

あまりにも短期間に出来事が終息してしまっていたので、私はこの件をほぼ完璧にスルーしてしまっていましたが、コルシカ問題について業界でとあることが当然ながら話題になっていたことをたいへん遅まきながらつい最近知りました。つまり、エニグモはどこの取次から雑誌を仕入れていたのか、ということです。当該の某中堅取次は以前にも、某有名新古書店チェーンのオンラインストアに新刊を卸していることで、業界から冷たい視線を浴びましたが、今回も再び非難されたわけですね。「謝るくらいなら最初からやるな」「確信犯だ」という業界の失笑まじりの声があったようです。

コルシカは現在出直しを計っているようですが、立ち直れるのかどうか。弊社が発行元になっている一部の書籍にもありますが、「雑誌コードのない、ISBNのついた書籍形態の定期刊行物のうち、内容および体裁が大雑把にいえば雑誌風のもの」についても取り込んでいく考えがあるのかどうか。また、いわゆる非流通(インディ)系のミニコミはどうなのか。読者目線では素晴らしいサービスでも、法律に触れるならアウト、というケースの、近年の好例でした。ちなみにGoogleブック検索の一方的で強引な名ばかりの「和解案」は、米国では裁判所で破棄が先月確定しています(「新文化」09年10月15日付「グーグル問題、11月9日までに修正案/米地裁判事が提出命令」)。あたりまえだっちゅうの。しかしまだまだ予断は許されません。

関連記事

エニグモのプレスリリース09年10月7日付「オンライン雑誌販売/閲覧プラットフォーム『コルシカ(Corseka)』 サービスを開始致しました。
「CNET JAPAN」09年10月7日「雑誌販売サイト「コルシカ」開始――出版社からは「著作権の侵害」の声も
「新文化」09年10月8日付「雑協、エニグモ社に対しコルシカサービスの中止を要請
「新文化」09年10月9日付「エニグモの雑誌オンラインサービス、一部雑誌を販売中止
「INTERNET Watch」09年10月9日付「オンライン雑誌閲覧サイト「コルシカ」、一時サービス縮小へ――日本雑誌協会から中止要請「無許諾スキャンは違法」
「新文化」09年10月15日付「エニグモ、「コルシカ」のサービスを中止
「全国書店新聞」09年10月21日付「誌面複製は著作権侵害

***

「tx別館(本とネットの話限定)」09年10月7日付「スキャン+リアルの2つを販売するネット書店「コルシカ」に雑誌業界が「聞いてない」と大波乱
「知ったかぶり週報」09年10月8日付「Corseka(コルシカ)騒動、Kindle日本でも購入可・・・etc.
「REDPEN」09年10月9日付「エニグモの「コルシカ」は暴走?確信犯?
「ミシマ社のblog」09年10月12日付「出版社からアクションを。
「六本木で働いていた元社長のアメブロ」09年10月13日付「雑誌とネットと。エニグモのコルシカ問題に思うところ。
「ASCII.jp」09年10月20日付「津田大介が語る、「コルシカ騒動」の論点
[PR]

by urag | 2009-11-02 12:52 | 雑談 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://urag.exblog.jp/tb/9188896
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 新規開店情報:月曜社の本を置い...      本日開催:でるべんの会10周年... >>