2009年 01月 16日

トークセッション「いま、ここにあるもの」@BOOK246

◎BOOK246特別トークセッション「いま、ここにあるもの――恩寵の刹那、歓待の歴史
今福龍太 × 鵜飼哲 mediated by 上野俊哉+佐藤泉

911以後の世界の変容を、表層の出来事の衝撃に惑わされることなく、 社会の深層構造と歴史の広い射程のなかで思考し続けてきた二人の特異な批評家。 今福龍太と鵜飼哲は、2008年5月の同じ日に、それぞれの思考の成果を『ミニマ・グラシア』および 『主権のかなたで』(いずれも岩波書店刊)として世に問うた。文体や方法論のちがいを超えて、 この二書が示す思想は、現代世界に浸透する暴力や権力の構造にたいする根底的な批判として 深く響きあっている。 今回の集まりは、二者の仕事に注視を続けながら独自の批評世界を切り開く上野俊哉と佐藤泉の媒介によってこの二著の今日的な意義を探りつつ、著者自らが自著の精神とその来歴について語る特別の機会となるであろう。

今こそ、BOOK246から、21世紀という時代の本来あるべき姿を探す旅へ。われわれは、どこから来て、どこへ向かうのか。何に喜び、誰と笑うのか。その答えが、四人の対話の終るところで明らかになる。

出演/今福龍太・鵜飼哲 媒介者/上野俊哉 ・佐藤泉
日程/2009年2月1日(日)
時間/15:00~18:00
場所/BOOK246 港区南青山1-2-6 Lattice青山
料金/1,000円
定員/40名(要予約)
※ご予約受付の際、整理番号を発行致しますので当日は番号順にご入場いただきます。
※場合によってはお席がご用意出来ない場合がございますのでご了承下さい。
お問い合わせ/03-5771-6899(BOOK246)/ Email : info@book246.com
[PR]

by urag | 2009-01-16 20:20 | イベント告知 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://urag.exblog.jp/tb/7820964
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 近刊チェック《知の近未来》:0...      2月6日シンポジウム「ディアス... >>