ウラゲツ☆ブログ

urag.exblog.jp
ブログトップ
2008年 12月 09日

伊賀大介(スタイリスト)×井野朋也(ベルク店長)トークセッション@ジュンク堂書店新宿店

JR新宿駅東口改札のすぐそばにある大衆飲食店「ベルク」の店長である井野朋也さんが書いた『新宿駅最後の小さなお店ベルク――個人店が生き残るには?』(ブルース・インターアクションズ、08年7月)の刊行からはや4ヶ月以上。ついに井野店長がトークセッションに出るそうです。上記本は、零細企業においてお店の個性とお客様とのあいだの距離感をどう適度に心地よくつくるか、お店そのもののクオリティをいかに保ち、さらにそれを日々磨いていくか、そして家主である大企業(ルミネ=JR)といかに渡り合っていくかということが、井野さんのパートナーである迫川副店長の筆も一部借りて、「存続の危機」問題も含め、赤裸々に語られています。飲食業の話ではありますが、出版/書店業界にも通じる、骨のある実地経営論に貫かれていて、私自身は「店の思想」として非常に面白く読みました。皆様に広くお奨めします。

◎伊賀大介(スタイリスト)×井野朋也(ベルク店長)トークセッション「新宿、ファッション、インディーズカフェの魅力を語る!~たくさんの人。それぞれのやり方。みんなの居場所。昼からビール飲みてぇ。ンマー!!(C)まんが道」

日時:12月12日(金)18:00開場 18:30スタート
会場:新宿三越アルコット8F「ジュンク堂書店新宿店・喫茶コーナー」
参加費:1000円
定員:60名(定員になり次第〆切になります)
お申込みは、ジュンク堂書店 新宿店7Fカウンターにて
またはお電話でのご予約も承ります。(TEL 03-5363-1300)

伊賀大介:
新宿生まれ、新宿育ち。スタイリスト。1996年、スタイリスト熊谷隆志氏に師事。1999年、スタイリストとして活動開始。ファッション誌、ミュージックビジュアル、 広告の他、最近では映画や舞台へも活動の幅を広げる。「MEN'S NON-NO」にて“伊賀文庫”、「papyrus」にて“人間万事塞翁が伊賀”を連載中。

井野朋也:
1960年東京都新宿生まれ。新宿育ち。早稲田大学社会科学部卒業後、塾講師を経て、1990年より新宿駅ビル地下のビア&カフェ「ベルク(BERG)」の経営者・店長。
[PR]

by urag | 2008-12-09 00:09 | イベント告知 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://urag.exblog.jp/tb/7723145
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 注目新刊:08年12月5日~1...      増山麗奈アートフェア@紀伊國屋... >>