ウラゲツ☆ブログ

urag.exblog.jp
ブログトップ
2008年 10月 20日

注目新刊:ドミニク・チェン企画特集『SITE ZERO』第2号「情報生態論―生きるためのメディア」

a0018105_22128.jpgメディア・デザイン研究所の批評誌『SITE ZERO/ZERO SITE』の第二号が刊行されました。特集は「情報生態論――生きるためのメディア」です。この特集を企画したのは、ドミニク・チェン(1981-)さん。「〈いきるためのメディア〉のデザインと散種」をミッションに、今年四月に共同設立したばかりの株式会社ディヴィデュアルの取締役をつとめておられます。同社のマニフェストはこちら

第二号は両開きになっていて、右端からは縦組174頁、左端からは横組290頁のボリューム。表紙の加工が凝っているので、傷よけにシュリンクがかかっています。写真は横組サイドの表紙。シュリンクに銀のシールが貼ってあります。

今回の執筆陣は以下の通り。ドミニク・チェン、高橋悠治、毛利悠子、田中浩也、市川創太、松岡康友、渡邊淳司、ゲオルク・トレメル/篠儀直子訳、三輪眞弘、城一裕、徳井直生、中嶋謙互、ローレンス・リャン/ドミニク・チェン訳、ヨハイ・ベンクラー/ドミニク・チェン+生貝直人訳、スコット・ラッシュ/篠儀直子訳、バリー・スミス/柳澤田実訳、西垣通×ドミニク・チェン(対談)、ロベルト・ザイデル、宮﨑裕助、カトリーヌ・マラブー/郷原佳以訳、南後由和、榑沼範久、田中純。

同誌の第0号「エステティクスの臨界」(06年7月)と、第1号「〈病〉の思想/思想の〈病〉」(07年9月)はすでに品切。小部数発行のため、店頭にあるうちに買わないと入手困難になること必至です。第2号は本体価格2,096円。公式ウェブサイトからの購入も可能です。
[PR]

by urag | 2008-10-20 02:02 | 本のコンシェルジュ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://urag.exblog.jp/tb/7587443
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 新規開店情報:月曜社の本を置い...      注目新刊:檜垣立哉『賭博/偶然... >>