ウラゲツ☆ブログ

urag.exblog.jp
ブログトップ
2008年 04月 03日

超左翼マガジン『ロスジェネ』、かもがわ出版より5月下旬発売

弊社刊『幼なじみのバッキー』の画家増山麗奈さんが以前ブログで言及されていた新雑誌『ロスジェネ』の概要が、創刊号の編集長をつとめられる浅尾大輔さんのブログ「My Last Flight」の4月1日付エントリー「超左翼マガジン『ロスジェネ』(5月下旬発売)」で紹介されています。

「超左翼マガジン」と銘打たれた新雑誌『ロスジェネ――lost generation』は、浅尾さんの説明によれば「若い左翼と現実とをつなぐ、新しい言葉を探求する表現空間」とのことです。5月下旬に、京都の版元かもがわ出版より発売予定。定価1300円。

編集委員は、浅尾さんのほかに、大澤信亮(作家、批評家)、増山麗奈(画家)、紙屋高雪(漫画評論家、オタクコミュニスト)の各氏で、主な内容は以下の通りだそうです。とても楽しみですね。

特集=右と左は手を結べるか
討論=赤木智弘×浅尾大輔 「僕らの希望は『戦争』か、『連帯』か」
評論=杉田俊介「誰に赤木智弘氏をひっぱたけるか?」
手記=雨宮処凛「生きづらさが超えさせる『左右』の垣根」
論文=萱野稔人「なぜ私はサヨクなのか」
ルポ=紙屋高雪「あなたのとなりの『ウヨク』」
小説=大澤信亮「サヨクのどこが間違っているのか?」
アクション=増山麗奈「戦争よりエロス――そして環境」

浅尾さんのブログでは同雑誌の「扉」が公開されています。今月、NHK出版から発売される予定の、東浩紀+北田暁大編『思想地図』とともに、業界の耳目をすでに集めつつある注目雑誌が立て続けに誕生することになります。

また、『ロスジェネ』が創刊される5月下旬には、以文社から『VOL』の3号が刊行される予定。3号の特集は「反資本主義とアート(仮)」。ネグリ・イベントで配布されていた予告には、こう紹介されていました――「アートとアクティヴィズムの間」の実践は、現代における大衆的な闘争の形態である(高祖岩三郎)。グレーバー、ダンコム、ホームズなど重要テクストの翻訳と、内外の実践の紹介、反G8など。ほか、マイケル・ハート、マリオ・トロンティ、スティグレールなど。
[PR]

by urag | 2008-04-03 12:57 | 本のコンシェルジュ | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://urag.exblog.jp/tb/6968701
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 浅尾大輔 at 2008-04-04 10:12 x
 いま準備している新雑誌の紹介、リンク、ありがとうございます(僕個人の小さなブログアクセスカウントが一気に増えて驚いています)。
 極めて政治的なコンセプトでの雑誌になりますが、創刊号の特集は、不思議なことに一様・画一的な内容にはなりませんでした、おかしいなァ(笑)。

 ひとえに、増山編集委員のバッキー像への想像力・構想力によるものかもしれません。
Commented by ロスジェネ at 2008-04-05 00:25 x
置かれている状況は名前およびURLの通りです。
活躍を期待しています。私達の持っているエネルギーを
言葉に転化させて、社会を変える噴火口となってください!
Commented by urag at 2008-04-06 03:37
浅尾さんこんにちは。先日はTBでお邪魔してしまいすみません。創刊、とても楽しみです。絶妙な特集だと思います。
Commented by urag at 2008-04-06 03:39
ロスジェネさんこんにちは。コメントをありがとうございます。「肉樹」拝読しました。今後の「遺作」のアップが楽しみです。
Commented by ロスジェネ at 2008-04-19 22:48 x
朋友の長々しい雑文におつきあいいただき、大変ありがとうございました。御礼申し上げます。わがままな奴で、ご迷惑をおかけしました。本当に未成熟な奴ですので、厳しい一言でもかけてやってもかまいません。今後も暖かく見守ってくださいませ。
Commented by ロスジェネ at 2008-06-21 19:15 x
ようやく創刊号を入手し、読了しました。心に残る、革命的な
創刊号ではないでしょうか。社会に問題提起をする雑誌はそうそう
ないと思われます。今後とも楽しみにしたい雑誌です。
Commented by urag at 2008-06-24 10:51
ロスジェネさんこんにちは。左右を結ぶ回路を模索するというのがとてもアクチュアルだと思います。今週金曜日には創刊記念イベントが紀伊國屋サザンシアターでありますね。
Commented by 増山です。 at 2008-06-26 14:26 x
uragさん、紀伊國屋イベント、是非来ていただけるとありがたいです。実りのあるトークになりそうな予感です。
Commented by urag at 2008-06-26 15:39
増山さんこんにちは。明日のイベントは仰るとおり、大いに盛り上がるに違いありません。皆楽しみにしています。
Commented by 革命21事務局 at 2008-10-10 16:24 x
はじめまして。貴ブログへの突然の書き込みの非礼をお許しください。「運動型新党・革命21」準備会の事務局です。
 この度、私たちは「運動型新党・革命21」の準備会をスタートさせました。
 この目的は、アメリカを中心とする世界の戦争と経済崩壊、そして日本の自公政権による軍事強化政策と福祉・労働者切り捨て政策などに抗し、新しい政治潮流・集団を創りだしたいと願ってのことです。私たちは、この数十年の左翼間対立の原因を検証し「運動型新党」を多様な意見・異論が共存し、さまざまなグループ・政治集団が協同できるネットワーク型の「運動型の党」として推進していきたく思っています。
(既存の中央集権主義に替わる民主自治制を組織原理とする運動型党[構成員主権・民主自治制・ラジカル民主主義・公開制]の4原則の組織原理。)
 この呼びかけは、日本の労働運動の再興・再建を願う、関西生コン・関西管理職ユニオンなどの労働者有志が軸に担っています。ぜひともこの歴史的試みにご賛同・ご参加いただきたく、お願いする次第です。なお「運動型新党準備会・呼びかけ」全文は、当サイトでご覧になれます。rev@com21.jp


<< デリダをめぐる鵜飼哲×西山雄二...      廣瀬純講演会「物語=殺人、音=... >>