2008年 03月 25日

続報:アントニオ・ネグリ日本語訳書籍近刊情報

青土社さんの月刊誌『現代思想』5月号(4月末発売)は「ネグリ」特集だそうです。また、ネグリの著書の近刊情報には以下のものがあります。

◎『ディオニュソスの労働――国家形成をめぐる批評』【4月下旬刊行】

アントニオ・ネグリ+マイケル・ハート:著 長原豊+崎山政毅+酒井隆史:訳
人文書院 定価6,090円 A5判上製468頁 ISBN978-4-409-03074-5
後年『帝国』や『マルチチュード』において展開されることになる基本的な問題設定と論点は、ほぼすべて本書で提示されていた。ネグリ+ハートの出発点にして、三十年強の長きにわたるネグリ思想の一大集積!

◎『幻のネグリ日本講演集(仮)』【7月刊行予定】

アントニオ・ネグリ+ジュディット・ルヴェル:著 市田良彦:監修
作品社  定価、判型、頁数、ISBN、すべて未定
三大学での講演テクスト「大都市とマルチチュード」「新たなるコモンウェルスを求めて」「芸術と非物質的労働へのアプローチ」のほか、書き下ろし論文三本、来日中止をめぐるスペシャル・インタビューとダイアローグ、三大学でのシンポジウム内容を収録。同社では8月に『野生のアノマリー』も刊行予定。

★いよいよ本日から! 三大学イベント開始!

◎「大都市とマルチチュード」@京都大学

日時:08年3月25日(火)18時00分~20時30分(開場17時30分)
場所:京都大学百周年時計台記念館 百周年記念ホール
聴講無料、事前申し込み不要、定員500名
問合せ:京都大学人文科学研究所総務係 電話075-753-6902
コメンテーター:市田良彦(神戸大学)+廣瀬純(龍谷大学) 司会:王寺賢太(京都大学)

◎「新たなるコモンウェルスを求めて」@東京大学

日時:08年3月29日(土)1:00pm~4:30pm(開場12時)
会場:東京大学安田講堂
会費:無料・事前申込不要
討論者:姜尚中(東京大学)+上野千鶴子(東京大学)+東京大学大学院生

◎「ネグリさんとデングリ対話」@東京藝術大学

日時:08年3月29日(土)13時~21時、30日(日)10時~21時
会場:東京藝術大学上野校地美術学部構内(半外舞台、グラウンド、講義室、アトリエなど)
入場:入場無料
[PR]

by urag | 2008-03-25 13:37 | イベント告知 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://urag.exblog.jp/tb/6936732
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 続報:京大ネグリイベントは盛会      続報:ネグリ来日中止に関する共同声明 >>