2008年 03月 19日

京都のブックカフェ「黒猫堂」、今月末に一日営業の予定

リブロ、プロローグ(営業代行)、祇園書房を経て、ブックカフェ「黒猫堂」を開いた高橋由美子さんが、1月18日に急性心不全でお亡くなりになり、高橋さんがアルバイトをされていた京都の出版社コトコトさんでは今月初旬まで遺影を置いて、お焼香できるようにされていたと聞いています。3月12日発売の「文芸春秋」春の臨時増刊号(京都特集)で黒猫堂が紹介され、今週末の3月22日(土)の夕方からアークホテル京都(四条大宮)にて、会費制で「偲ぶ会」が催されるとも聞いています。そして来週末、3月30日(日)には黒猫堂は最後の営業として、書籍販売のみの一日営業を行う予定だそうです。高橋さんと知り合ったのは、その昔、bk1開店当時の「安藤書店」でのご縁でした。思い返すと本当に、「安藤書店」では様々な新しい出会いが生まれていたのです。
[PR]

by urag | 2008-03-19 18:44 | イベント告知 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://urag.exblog.jp/tb/6916160
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< なんと入国できず、ネグリ来日中...      「産経新聞」3月16日付文化欄... >>