2008年 02月 21日

増補版到来:大竹伸朗+ヤマタカEYE『ドンケデリコ』、河出書房新社より

a0018105_17424499.jpgついに、大竹伸朗+ヤマタカEYE『ドンケデリコ』の増補版が河出書房新社さんより来週月曜日、2月25日に発売開始です。奥付にはこうあります、「本書は1996年9月、作品社から刊行されたものに、ピンク・マーケット、ブルース・インターアクションズから刊行された『クッキーシーン』1997年4月~2001年1月号の連載「新のドンケデリコ」と書き下ろし原稿を加えたものです」と。

初版のパートはかなり混沌とした内容ですが、後半の「新のドンケデリコ」は4コマ漫画中心で、また違った味わいがあります。4コマと言っても、オチはほとんどありません。独特の世界観です。「書き下ろし原稿」というのは、巻末にある「新の新のドンケデリコ」のことだと思います。頁数は少ないですが、アーティスティックです。

装丁は帯文の若干の変更を除いて、初版本と変わりません。懐かしいです。初版本刊行の折は、私は作品社で営業をやっていましたから。しばらく見かけませんでしたが、昨秋「高遠 本の家」に寄った時に座敷の奥に鎮座ましました初版本を発見。思わず感嘆の声が出たものでした。ちなみに「高遠 本の家」は3月1日から名前を変えてリニューアルオープンするそうです。また、高遠駅前商店街には新生「高遠 本の家」が4月初旬にオープンするとのこと。

***
ドンケデリコ
大竹伸朗・ヤマタカEYE:著
河出書房新社 08年2月 定価1,995円 B5判210頁 ISBN:978-4-309-26996-2

版元紹介文より:『全景』の鬼才画家=大竹伸朗と、ボアダムスのカルト・ミュージシャン=ヤマタカEYEによる伝説の「FAX交換漫画集」、奇跡の大増補で復活!!!!
[PR]

by urag | 2008-02-21 17:08 | 本のコンシェルジュ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://urag.exblog.jp/tb/6818587
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< ついに日本語訳単行本化:ハイデ...      ブックフェア情報:アントニオ・... >>