2008年 01月 19日

来日記念プレイベント「アントニオ・ネグリ 反逆する時代の知性」

◎来日記念プレイベント“アントニオ・ネグリ 反逆する時代の知性

内容紹介:『帝国』と『マルチチュード』の共著者で、反グローバリズムの象徴的な存在として知られる哲学者のアントニオ・ネグリ氏が3月下旬に初来日します。本企画は、氏の来日の前に、そのインテレクチュアルとしての波乱に満ちた歩みを振り返りながら、氏の思索と行動を複数のパースペクティヴから考察するものです。グローバル化が日々進展する中で、格差の拡大、アイデンティティ・ポリティクスの噴出、ナショナリズムの台頭等、ますます混迷を極め、複雑化した現代世界を読み解くのに、『帝国』をはじめとした氏の分析枠組みはいかに助けとなりうるのか。こうしたグローバルな文脈の中で、時代に迎合することのない、オルターナティヴを模索する氏の終わりなき知的探求、その思想のアクチュアリティーを検証します。

主催:財団法人 国際文化会館
日時:2月8日(金) 18:00-21:00 (要予約)
会費:国際文化会館会員無料、一般1,500円、学生1,000円
場所:国際文化会館 岩崎小彌太記念ホール(東京都港区六本木5-11-16)

パネリスト:
姜尚中(東京大学教授) 「『帝国』とアメリカニズム」
宇野邦一(立教大学教授) 「生の政治のゆくえ」
竹村和子(お茶の水女子大学教授) 「マルチチュード/暴力/ジェンダー」
木幡和枝(東京藝術大学教授) 「マルチチュードと芸術」

モデレーター:
市田良彦(神戸大学教授) 
[PR]

by urag | 2008-01-19 10:57 | イベント告知 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://urag.exblog.jp/tb/6694292
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 2月上旬発売:増山麗奈×澤田サ...      このところ公開できておりませんが >>