ウラゲツ☆ブログ

urag.exblog.jp
ブログトップ
2007年 12月 21日

ブックフェア「中野幹隆という未来」@ジュンク堂京都BAL店、来月7日まで

先月(07年11月)から開催されている、ジュンク堂書店京都BAL店7F人文書フェアコーナー(エスカレーター上がって右手)でのブックフェア「中野幹隆という未来――編集者が拓いた時代の切鋒(きっさき)」が好評です。当初は年内までの開催予定でしたが、年明けの1月7日(月)までになりました。

売れ筋は、哲学書房のものでは北里柴三郎+中村桂子:著『破傷風菌論』、養老猛司:編『脳と生命と心』。朝日出版社では渡辺守章:著『空間の神話学』、佐藤文隆:著『アインシュタインのたまご』、リン・ホフマン:著『家族療法の基礎理論』、養老猛司+島田雅彦:著『ネコのヒゲは脳である』などが順調のようです。レア雑誌の『エピステーメー』と『セーマ』は残り僅かとのこと。終了まであと二週間、ぜひお立ち寄り下さい。
[PR]

by urag | 2007-12-21 12:52 | イベント告知 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://urag.exblog.jp/tb/6585898
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< スパムコメントにご注意ください      明日21日発売、田崎英明『無能... >>