2007年 09月 26日

「中野幹隆という未来」@ジュンク堂書店池袋店人文書売場

a0018105_23535741.jpgブックフェア「中野幹隆という未来」はジュンク堂書店新宿店に続き、現在ジュンク堂書店池袋店4F人文書売場で開催されています。10月9日までの予定と聞いています。写真は同店のフェアの様子です。10月下旬からはジュンク堂書店京都BAL店に移動してフェアが継続されるそうです。哲学書房や朝日出版社のレアな本に出会える最後の機会になるかもしれません。どうぞご覧ください。
[PR]

by urag | 2007-09-26 23:54 | イベント告知 | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : http://urag.exblog.jp/tb/6226928
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ttt at 2007-10-04 08:59 x
私も少し前に池袋の当フェアに行ってまいりました。揃えられた書籍の並びのすさまじさのあまり、ベーメやドゥンス・スコトゥスを買い込んでしまったのですが、帰途につき自由冊子本の中野氏が手がけた書籍・雑誌リストを見ると再び驚かされました。
ジュンク堂新宿店人文担当のお二人と小林さんの協力で作成されたリストだそうですが、よくここまで網羅したものを作れたものだと。1,2年後にでもwabで公開してもよろしいんじゃないでしょうか。

本当に些細なことなのですが、私が気づけた遺漏を一点だけ。p.4にあるデュシャン&カバンヌの『デュシャンの世界』は、改題されて文庫化しています。『デュシャンは語る』(ちくま学芸文庫、1999)
Commented by 訂正 at 2007-10-04 09:01 x
wabで→webで
失礼しました
Commented by urag at 2007-10-04 21:04
tttさんこんにちは。池袋店で一番売れているのはスコトゥスだそうです。中野さん関連のブックリストは、もととなるデータベースは、中野さんの奥様がまとめられたものです。それを、ジュンク堂のSさんと私と、朝日出版社さんで回覧して、ごく短期間で仕上げました。仰せの通り、デュシャンが抜けておりますね。まだ補完できていない情報があるかもしれません。WEBで公開すれば様々な情報がさらに集まることでしょう。


<< アガンベン『例外状態』が未来社...      月曜社品切・僅少品目一覧(07... >>