2007年 09月 21日

サミュエル・ウェーバー「フロイトの『人間/男モーセ』を始末する」@月刊誌「みすず」

a0018105_14281114.jpg弊社より論文集『破壊と拡散』を刊行させていただいている著者、サミュエル・ウェーバーさんの論文「フロイトの『人間/男モーセ』を始末する」が、みすず書房さんの月刊誌「みすず」07年9月号から全4回に分けて連載されます。訳者は前田悠希さん。同論考は、ウェーバーさんの論文集Targets of Opportunity: On the Militarization of Thinking(Fordham University Press, 2005)の第4章、"Doing Away with Freud's Man Moses"の日本語訳です。なお、同書第三章の"Wartime:Freud's Tmely Thoughts on War and Death"の日本語訳「戦時」は弊社刊の『破壊と拡散』に収録されています。

月刊誌「みすず」は版元からの直接購読で入手することができます。店頭に置いてある本屋さんは、神保町の岩波ブックセンター信山社、リブロ池袋店3F人文書レジ前、などです。
[PR]

by urag | 2007-09-21 14:31 | 本のコンシェルジュ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://urag.exblog.jp/tb/6199593
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 07年9月22日:モーリス・ブ...      ブランショ『書物の不在』(発売... >>