2007年 06月 24日

今週の注目新刊(第103回:07年6月24日)

a0018105_2573017.jpg
ミハイル・バフチン全著作(7)フランソワ・ラブレーの作品と中世・ルネサンスの民衆文化
ミハイル・バフチン:著 杉里直人:訳 水声社 07年6月 10,500円 A5判950頁 ISBN978-4-89176-628-3
■帯文より:厳粛なる恐怖や権威主義に対峙し、さかしまの世を到来させるカーニヴァル的な《笑い》。ラブレー文学に住まう陽気でグロテスクな民衆とそのイメージを斬新に読み解き、中世・ルネサンス文化の新たなる世界像を打ち立てた、著者の小説論の集大成にして、彼の名を世に知らしめた代表作、待望の新訳決定版。
●川端香男里訳『フランソワ・ラブレーの作品と中世・ルネッサンスの民衆文化』(せりか書房、1973年、写真左)以来、34年ぶりの新訳です。今回の新訳本では、1944年6月18日に起稿されたノート「《ラブレー》の増補・改訂」も収録しています。
●早大教授の伊東一郎さんによる巻末の解説「バフチン小説論における「ラブレー論」――二声的な言葉からカーニヴァルへ」の一節にはこうあります、「今回の新訳は、旧訳出版当時まだ知られていなかったバフチンの他の小説論をも踏まえた上で訳語を検討している。バフチンの小説論全体との関連からこの著作を読む上でも、この新訳は読者に多くの示唆を与えてくれよう」。
●月報には、現在『ガルガンチュアとパンタグリュエル』の新訳を進めておられる宮下志朗さんがエッセイを寄せています。水声社版全著作の次回配本は第4巻「小説の言葉」だそうです。水声社版全著作のシンプルな装丁もいいですが、やはりラブレー論はせりか版のカバーの方がいまなおインパクトは強いですね。ギュスターヴ・ドレによる挿絵の中のガルガンチュアはやはり印象が強烈です。

ロック政治論集
ジョン・ロック:著 マーク・ゴルディ:編 山田園子+吉村伸夫:訳 法政大学出版局 07年6月 5,250円 46判448+9頁

正義をこえて
ポール・リクール(1913-2005):著 久米博:訳 法政大学出版局 07年6月 2,940円 46判227+11頁

廃棄された生――モダニティとその追放者
ジグムント・バウマン:著 中島道男:訳 昭和堂 07年6月 3,150円 46判250+8頁

水俣を見た7人の写真家たち 写真集
桑原史成+塩田武史+宮本成美+W・ユージン・スミス+アイリーン・美緒子・スミス+小柴一良+田中史子+芥川仁:著 写真集「水俣を見た7人の写真家たち」編集委員会 07年4月 2,500円 B5変形判127頁

多様なるものの詩学序説
エドゥアール・グリッサン(1928-):著 小野正嗣:訳 以文社 07年6月 2,520円 46判224頁

イタリア「ケルト」紀行――キサルピナを歩く
武部好伸(1954-):著 彩流社 07年6月 2,310円 46判202+3頁
●トリノ、ミラノ、ブレーシャ、ボローニャなどは、古代ケルト人の砦や集落から発展した都市だとか。

ルーン文字の世界――歴史・意味・解釈
ラーシュ・マーグナル・エーノクセン:著 荒川明久:訳 国際語学社 07年6月 2,730円 A5判280頁

タイポグラフィ・タイプフェイスの現在――5人の書体設計家と3人のタイポグラファーの思い
女子美術大学 07年5月 2,520円 B5判198頁

1・2色でみせるエディトリアルデザイン――少ない色数で効果的にレイアウトされた実例集
ピエ・ブックス 07年6月 8,190円 A4変形判150頁

クロモフォビア――色彩をめぐる思索と冒険
デイヴィッド・バチェラー:著 田中裕介:訳 青土社 07年7月 2,310円 46判176+10頁

建築家・篠原一男――幾何学的想像力
多木浩二(1928-):著 青土社 07年7月 2,310円 A5判182頁

人間機械論――人間の人間的な利用
ノーバート・ウィーナー(1894-1964):著 鎮目恭夫+池原止戈夫:訳 みすず書房 07年6月 3,150円 B6判206頁
●東京国際ブックフェア2007記念復刊の新装版。本書と、ラッセル『ロシア共産主義』、同『ドイツ社会主義』、ジョル『第一次世界大戦の起原』の計4点。

神々と肉食の古代史
平林章仁(1948-):著 吉川弘文館 07年6月 2,940円 46判243+8頁

自由訳 十牛図
新井満(1946-)著 四季社 07年6月 1,260円 B6判137頁

***

◎今週の注目新書、選書

紙のなんでも小事典――パピルスからステンレス紙まで
紙の博物館:編 ブルーバックス/講談社 07年6月 924円 新書判238頁

ブックガイド文庫で読む科学
岩波書店編集部:編 岩波科学ライブラリー 07年6月 1,260円 B6判114頁

エトランジェのフランス史――国民・移民・外国人
渡辺和行:著 historia/山川出版社 07年6月 1,575円 B6判199頁
[PR]

by urag | 2007-06-24 23:29 | 本のコンシェルジュ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://urag.exblog.jp/tb/5784538
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 『大竹伸朗 全景 1955-2...      ランダムウォークが今月末で東京... >>