ウラゲツ☆ブログ

urag.exblog.jp
ブログトップ
2007年 01月 28日

今週の注目新刊(第84回:07年1月28日)

現代思想入門--グローバル時代の「思想地図」はこうなっている!
仲正昌樹(1963-)+清家竜介(1970-)+藤本一勇(1966-)+北田暁大(1971-)+毛利嘉孝(1963-):著
PHPエディターズ・グループ 07年2月 1,470円 A5判233頁
■版元紹介文より:第二次大戦後に影響を持った思想を(正統)マルクス主義との距離の取り方と地域性を考慮に入れ、(1)ドイツを中心とするフランクフルト学派、(2)フランスのポスト構造主義、(3)英米のリベラリズム、(4)カルチュラル・スタディーズ、ポストコロニアル・スタディーズなど西欧近代にとっての「他者」をめぐる思想、という4つの大きな流れを取り上げてまとめた。

ポスト・ヒューマン誕生--コンピュータが人類の知性を超えるとき
レイ・カーツワイル(1947-):著 井上健:監訳 小野木明恵+野中香方子+福田実:訳
日本放送出版協会 07年1月 3,150円 46判596+65頁
●2045年、「ついに人類は機械と融合し、生物の限界を超えた知性と身体を手に入れる」という大胆予測の未来学。NHKBS特集「未来への提言」で紹介。

生気論の歴史と理論
ハンス・ドリーシュ(1867-1941):著 米本昌平:訳・解説
書籍工房早山 07年1月 2,940円 46判363頁 ISBN:978-4-88611-504-1
●原著は1914年刊。論文「個体性の問題」を併録。新生気論の提唱者で独自の「エンテレヒー論」を展開したドイツの生理学者ドリーシュ(Hans Driesch, ドリューシュやドゥリューシュとも表記されることも)の翻訳は、『形而上學〔Metaphysik〕』(清徳保男訳、岩波文庫、1940年) や『人間と世界像〔Der Mensch und die Welt〕』 (長島譲訳、畝傍書房=うねびしょぼう、1941年)くらいかと思います。
●書籍工房早山さんが書籍を刊行していらっしゃるのは昨年来でしょうか。06年4月=『「農」をどう捉えるか』原洋之介:著、06年10月=『ビザンツ歴史紀行』今谷明:著、07年1月=『人工社会構築指南』山影進:著。代表取締役の早山隆邦さんは以前、NTT出版にお勤めだったようです。

論理哲学論考
ルートヴィヒ・ヴィトゲンシュタイン:著 木村洋平(1983-):訳
社会評論社 07年1月 2,100円 A5判88頁
■版元紹介文より:初めて詩として訳された『論理哲学論考』。厳格な解釈に基いて、鋼鉄の文体を翻訳する。
●訳者の木村洋平さんはまだ23歳の新鋭。現在、東京大学教養学部科学史・科学哲学専攻で学んでおられるそうです。

理性の限界内の『般若心経』 --ウィトゲンシュタインの視点から
黒崎宏(1928-):著
春秋社 07年2月 2,310円 46判127頁

建築家の講義 ルイス・カーン
ルイス・カーン:著 香山寿夫:訳
丸善 07年1月 1,680円 B6判112頁
●1968年のライス大学講義(アメリカ)。

美術の物語
E・H・ゴンブリッチ(1909-2001):著 天野衛ほか:訳
ファイドン 07年1月 7,329円 B5判688頁
●かつて美術出版社から『美術の歩み』(上下巻、友部直訳)として刊行されていたThe story of artの新訳です。

マルクス・コレクション(7) 時局論 (下)芸術・文学論 手紙
カール・マルクス:著 今村仁司+村岡晋一+小須田健+吉田達+瀬嶋貞徳:訳
筑摩書房 07年1月 3,465円 46判462頁

モダン・マルクス主義のシンクロニシティ--平林初之輔とヴァルター・ベンヤミン
菅本康之(1960-):著
彩流社 07年1月 3,990円 A5判356+26頁

リフレクシヴ・ソシオロジーへの招待--ブルデュー、社会学を語る
ピエール・ブルデュー(1930-2002)+ロイック・J・D・ヴァカン(1960-):著 水島和則:訳
藤原書店 07年1月 4,830円 A5判418頁

民俗学と歴史学--網野善彦、アラン・コルバンとの対話
赤坂憲雄:著
藤原書店 07年1月 2,940円 

神話の詩学
エレアザール・メレチンスキー(1918-2005):著 津久井定雄+直野洋子:訳
水声社 07年1月 7,350円 A5判563頁

ゾロアスター教の興亡--サーサーン朝ペルシアからムガル帝国へ
青木健(1972-):著
刀水書房 07年1月 8,925円 A5判377頁

音楽による人間形成--シュタイナー学校の授業
ヴォルフガング・ヴェンシュ(1926-):著 森章吾:訳・解説
風濤社 07年1月 3,360円 A5判223頁

水の音色
鈴木瑩子(1934-):著
文芸社 07年2月 1,470円 19×27cm/39p

西遊記(1) 孫悟空、大いに天界を騒がす
邱永漢(1924-):著 村上豊:画
魁星出版 1,890円 46判230頁
[PR]

by urag | 2007-01-28 17:33 | 本のコンシェルジュ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://urag.exblog.jp/tb/5045756
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 新規店情報:月曜社の本を置いて...      「Music Magazine... >>