ウラゲツ☆ブログ

urag.exblog.jp
ブログトップ
2006年 11月 27日

東京駅前の大型書店対決に青山BCが参戦

長らく八重洲BC本店がトップを独走していた東京駅周辺の書店勢力図において、八重洲BC本店とは逆サイドの「丸の内」側へ老舗の丸善が威信をかけて「丸の内本店」を出店してからはや2年が経過しました。八重洲BCと丸善の「大将戦」を前に、もはや他チェーンが入り込む余地はほとんどまったくないように思われたのですが、なんと青山BCが丸の内側へ07年年頭に出店することになり、にわかに東京駅周辺に緊張が走っています。

すでに青山BCのウェブサイトでオープニング・スタッフが募集されています。版元は新規開店分の出荷を始めていますから、新店舗の正式店名や、具体的にどの場所にどれくらいの規模でオープンするのか知っていますが、業界紙や一般紙などでまだ取り上げられていないようですので、ここでスッパ抜くわけにはいきません。けっこうビックリさせられましたよ、今回の詳細は。

しかし丸の内界隈でお仕事をされている方は勘が働くかもしれません。クリスマスイブまでにはいずれ分かることです。八重洲BCと丸善の芸術書および洋書売場にどういう影響が出てくるのか、動向が注目されます。
[PR]

by urag | 2006-11-27 19:17 | 雑談 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://urag.exblog.jp/tb/4755836
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 12月中旬発売、高柳昌行『汎音...      「朝日新聞」26日付読書欄に『... >>