ウラゲツ☆ブログ

urag.exblog.jp
ブログトップ
2006年 07月 01日

トークイベント《本・棚・都市》にご来場ありがとうございました

a0018105_23512393.jpg本日はトーク・イベント《本・棚・都市》@気流舎に多数ご来場いただきまして、まことにありがとうございました。話の尽きないテーマでしたが、またこうした機会を必ず作りたいと思いますし、気流舎の加藤さんから「ぜひまたやりましょう!」と仰っていただいたので、本当に次回を企画したいと思っています。

内沼さんと加藤さんの絶妙なトークに引っ張られ、月曜社で将来的にやりたいと思っている「ベータ・ブック」構想について今回ちらっとお話することもできました。次回の「公開編集会議」本番では色んな議論を会場の皆さんと交わしたいです。

なお、会場に持参した品切本2点『文化=政治』6冊と『新宿』1冊はあっという間に完売していたようです。ちょっと難アリなコンディションで、新刊書店さんには出せないものなのですが、皆さんに喜んでいただけて嬉しいです。

さて、今晩はROOM HEAVEN&EARTH(北沢2-2-14モアイ茶沢4F&5F)にてオールナイトで「ブラック・アトランティック・ナイト」というイベントを開催しております。これは、弊社より今秋刊行予定のポール・ギルロイ『ブラック・アトランティック』を記念して、訳者3名(鈴木慎一郎、毛利嘉孝、上野俊哉)がホストDJとなって開催する公開イベントです。Cultural Typhoonならではのものですね。「ダブ、レゲエ、エレクトロなどのセットに、訳者それぞれがDJしながらトークやリーディングやったりする予定」とのこと。

写真は、《本・棚・都市》のあとに開催されるトークイベントに出演されるRLL(ラジカル・レフト・ラフター)の皆さんが制作された「ブラック・アトランティック・Tシャツ」です。本と一緒に売ったらいいのに、という声を会場にいらっしゃった複数の書店員の方に言われたので、そういうのもいいよな~と本気で考えています。

トーク後の交流会@都夏2Fに来ていただいた皆様、お帰りなさい。このブログをご覧になっているということは無事ご帰宅されたのでしょう。また一緒に飲んで語らいましょう。
[PR]

by urag | 2006-07-01 23:47 | 雑談 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://urag.exblog.jp/tb/3854283
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by gorge at 2006-07-02 11:35 x
昨日のお話は編集の私にとってはいろいろと新鮮でした。販売管理によって棚が作れなくなる、という話など……。
また「βブック」は翻訳書ではなくて、「労働の束」としての本がテーマになれば、とか考えてみたりします。
ギルロイも楽しみ。(ただもう音楽はやらないとか言っているんですよね)関連して「カルスタ」の意味をもう一度考えてみたいような気もしたりします。
2次会も流通の方が多くて刺激になりました。
次回もまたお知らせください。ありがとうございました。
Commented by 中村孝子 at 2006-07-02 12:36 x
昨夜は、参加させていただき、ありがとうございました。
ブログでしか存じ上げない方に実際に会ってみるというのは初めてのことで、新鮮であると同時に何とも不思議でしたが、おもしろい話を聞かせていただき、とても楽しかったです。
編集をしておりますが、5年前にフリーランスになりました。変にこの世界の仕組みが見えてしまうと「どうせ無理」という言葉がすぐ出てしまい、自分自身がどんどん閉塞してしまう。お話を聞いていて、ちょっと反省を促されました。
また機会があれば、参加できると嬉しいです。
Commented by kasuga at 2006-07-02 12:49 x
昨日は大変有難うございました。
E氏ともども、なんとか無事帰宅いたしました。

Commented by akishimanagae at 2006-07-03 22:49
憧れのuragさんにお会いできて、しかも色んな方々とお会いできて本当によかったです。
ありがとうございました。今後ともどうぞよろしくお願いします。
Commented by urag at 2006-07-04 00:33
gorgeさん、色々と刺激的なテーマをご提示いただきまことにありがとうございます。「進行中の書物」として、労働=運動論をウェブ上で皆さんと共同執筆するという夢に一歩近づけた気がします。
Commented by urag at 2006-07-04 00:36
中村孝子さん、ご来場ありがとうございました。中村さんと弊社はほぼ同時期に自立したわけで、おそらくこれも何かのご縁だと思うのです。様々なブレイクスルーの可能性を求めて、ぜひまた次回もお目にかかりたいです。どうぞよろしくお願いします。
Commented by urag at 2006-07-04 00:37
kasugaさん、駆けつけていただけて嬉しかったです。あなたのヴァイタリティにはいつも刺激を受けています。お仕事大変だと思いますが、お互い頑張りましょうね。
Commented by urag at 2006-07-04 00:42
akishimaさん、遠路をお越しいただき、ありがとうございました。なんだか話し足りない気分ですが、きっと遠からずまたお目にかかる機会もあることでしょう。それまでお互いに、イマジネーションの力を蓄え、鍛えて、そしてまた繋がりあっていきましょう。


<< 今週の注目新刊(第57回:06...      品切絶版本の再販情報など >>