ウラゲツ☆ブログ

urag.exblog.jp
ブログトップ
2006年 06月 28日

GLOCOM機関誌「智場 intelplace」#107 May/June 2006

a0018105_23492148.jpgGLOCOMの機関誌『智場(ちじょう)』の107号(06年5月/6月号、定価税込800円、ISSN1880‐5485)が刊行されました。以下に目次詳細を掲げます。一般書店で扱っているお店はほとんどないようなので、購入希望の際はGLOCOMに直接尋ねてみてください。

【特集】 Web2.0はどこへいくのか
対談:Web2.0は世界に何をもたらしたか……梅田望夫+公文俊平、司会=鈴木健
Web2.0と新しいフォード主義……鈴木健
報告:韓国ではGoogleは成功しない?――韓国におけるWeb2.0の実態……濱野智史

【Special】 韓国ゲームレポート
インタビュー:ゲーム/物語/RMT……パク・サンウ、聞き手=東浩紀+井上明人
パク・サンウとは誰か……宣政佑
韓国ゲームとその研究の現在……井上明人

【IECPレポート】
A New and Simpler Computer Universe……講演=テッド・ネルソン、報告=松村太郎

【ベストネットワーク研究会レポート】
光ブロードバンドの料金制作の進展――関西での競争状況……講演=上田昌史、報告=霧島朗子

【BOOKS Review】 『地域情報化 認識と設計』編著=丸田一+国領二郎+公文俊平
評者(1):平本一雄
評者(2):金山智子
[PR]

by urag | 2006-06-28 23:41 | 本のコンシェルジュ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://urag.exblog.jp/tb/3831935
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 品切絶版本の再販情報など      「KAWADE道の手帖」の『ベ... >>