2006年 06月 15日

皆さんはフリーペーパー「WB」を読んでますか

a0018105_20564332.jpgあれだけ色んな場所で配布されていて、しかも案外大きなサイズ(タテ298ミリ×ヨコ210ミリ)で目立つにもかかわらず、お恥ずかしい話、私は一度も店頭でフリーペーパー「WB(早稲田文学)」を入手したことがありません。なぜか見つけられない。たぶん気合が足りないんでしょう。

そんなわけで私は1号(05年11月)から4号(06年5月)まで、関係者に会った時にその都度恵んでもらってきました。ありがたやありがたや。業界人でよかったと思える一瞬。

私にとってはフリーペーパーというのは憧れの存在です。無料という「政治性」が好きなんです(だから「[本]のメルマガ」を続けているんだと思います)。月曜社がもっと大きな会社になったら(いったいいつのことやら)、作ってみたいものです。想像してみるだけでもう楽しい。あんなことやこんなこと。

サイズは文庫本かそれ以下で、一般的な版元のPR誌より活字の量が多い、無料の思想系フリーペーパー、とか。「月曜社未刊行図書目録」(未刊)もそんなふうにして作ってみたかったんです。単なる目録ではなく、読み物のあるフリーペーパーのノリで。日々の忙しさに負けていまだに作製できていませんが。
[PR]

by urag | 2006-06-15 20:57 | 本のコンシェルジュ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://urag.exblog.jp/tb/3742977
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 「関係者」 at 2006-06-16 12:28 x
ご紹介ありがとうございます。
実は、このブログよく見ています。
公開編集会議も、参加させていただきたいです。
インベーダー(?)ゲームは、レベル8まで行きました。
Commented by urag at 2006-06-17 00:00
関係者さんこんにちは。公開編集会議への参加表明、まことにありがとうございます。ルナ・インベーダーは8面ですか。なかなかの腕でいらっしゃいますね。私は5面までしかやったことがありません。


<< ブレイエ『初期ストア哲学~』2...      アマゾンe託販売サービスへの登... >>