ウラゲツ☆ブログ

urag.exblog.jp
ブログトップ
2006年 05月 14日

今週の注目新刊(第50回:06年5月14日)

早いものでもう50回目ですか。遠からず、全50回でどの出版社の本をピックアップしたか、文庫はのぞく単行本でランキングを出してみたいと思っています。文庫だとたぶん圧倒的に筑摩書房がトップだと思うので。

◎単行本

オルテガやボワローといった古典ものが続けて発売されているのが収穫。ダ・ヴィンチ本のすさまじい新刊ラッシュの中でも竹下さんの本は他書を差し置いて読んでおきたい一冊です。

ライプニッツ哲学序説――その原理観と演繹論の発展
ホセ・オルテガ・イ・ガセット著 杉山武訳
法政大学出版局 06年5月刊 ¥5,250 46判376+51頁 ISBN:4588008463
■版元紹介文より抜粋:オルテガの遺稿。西洋哲学の誕生以来の認識論と存在論を徹底的に掘り下げ、はたして理性や知性は人間に正確な認識を保証してくれるのかという根本問題に挑む。アリストテレス-エウクレイデスの古典的思考法およびデカルト-ライプニッツの近代的思考法における「知」の根拠づけを詳細に検証し、より確実な「認識」獲得の新たな筋道を提起。オルテガ思想円熟期の軌跡を辿るのに不可欠の書。

詩法
ボワロー著 守屋駿二訳
人文書院 06年5月刊 ¥1,995  46判160頁 ISBN4409130293
■版元紹介文より:フランス17世紀の文芸批評家で 諷刺詩人として名高いボワローのArt Poetique。かつて岩波文庫と河出書房の世界大思想全集で二度訳されているが、いずれも散文訳。このたびは、原著の重厚な十二音節(アレクサンドラン)の調子を写すべく、わが七五調の韻律に置き換え、重厚さに加えて軽妙と諧謔味を加えた躍動感溢れる翻訳となっている。訳者は同じボワローの『 諷刺詩』(岩波書店、1987年)で日本翻訳文化賞を受賞している。

レオナルド・ダ・ヴィンチ伝説の虚実――創られた物語と西洋思想の系譜
竹下節子著
中央公論新社 06年5月刊 ¥1,995 46判224頁 ISBN:4120037339
■版元紹介文より:フロイト、ヴァレリからダビンチコードまで。ルネサンス以降、様々な妄想から生まれた万能の天才、魔術師、錬金術師、秘密結社の首領という創られた伝説の系譜を西洋思想の地下水脈から検証。

◎注目の新書、文庫

檜垣さんの書き下ろしは表題テーマをめぐり、フーコー、ドゥルーズ、アガンベン、ネグリの思想圏を扱うもの。注目の一冊。『フーコー・コレクション』は同社刊『思考集成』全10巻をテーマ別に再編集し、そのエッセンスを全6巻にまとめるという。次回配本は6月9日発売の第2巻「文学・侵犯」篇。素晴らしい。フロイトは『ヒステリー研究』に続く金関氏による新訳第2弾。今村さんの『現代思想のキイ・ワード』は85年に講談社現代新書の一冊で刊行されたものの増補版。政治哲学系の議論を取り入れた第V部が新設されている。本書はちくま文庫の「ビギナーズ・コレクション」の一冊。「ビギナーズ・コレクション」は学芸文庫まで置けないような本屋さんに人文社会系の入門書を置いてもらうというねらいのようで、値段も学術文庫より安い。ここを手がかりに学術文庫へ手を伸ばしてもらえたら、といったところなのか、あるいはちくま文庫とちくま学芸文庫が「競合」しているのか・・・・。『黄金伝説』は人文書院版全4巻のライブラリー化。なかなか渋い企画で良いですね。

生と権力の哲学 / 檜垣立哉著 / ちくま新書 / ¥777
フーコー・コレクション 1 狂気・理性 / ミシェル・フーコー著 / ちくま学芸文庫 / ¥1,470
あるヒステリー分析の断片――ドーラの症例 / フロイト著 / 金関猛訳 / ちくま学芸文庫 / ¥998
自己・あいだ・時間 / 木村敏著 / ちくま学芸文庫 / ¥1,575
増補 現代思想のキイ・ワード / 今村仁司著 / ちくま文庫 / ¥756
黄金伝説 1 / ヤコブス・デ・ウォラギネ著 / 平凡社ライブラリー / ¥1,995
世界の調律 / R・マリー・シェーファー著 / 平凡社ライブラリー / ¥1,995
[PR]

by urag | 2006-05-14 12:26 | 本のコンシェルジュ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://urag.exblog.jp/tb/3606234
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by yn at 2006-05-15 14:12 x
祝50回!毎週日曜日の22-02時に更新されるこの新刊情報、人文書新刊の貴重な情報源として楽しみにしてきました。これからも無理のない範囲で、刺激的な情報発信を継続されることを願っています。
高価な人文書院版でしか読めなかった「黄金伝説」の文庫化は快挙ですね。聖人の生涯が通覧できるこの重要書は、欧米では以前から文庫されていています。
Commented by urag at 2006-05-15 19:09
ynさんこんにちは。温かい激励のお言葉をありがとうございます。これからも頑張ります。今年は「新世紀エヴァンゲリオン」放送十周年だそうですが、ロンギヌス伝説について読めるのはほかならぬ『黄金伝説』においてですね。本屋さんにはどんなきっかけでもいいので売ってもらいたい本です。


<< グーグル・ブックスがやってくる      『ゼーガペイン』第6話「幻体」... >>