ウラゲツ☆ブログ

urag.exblog.jp
ブログトップ
2006年 04月 04日

書店と版元の距離感

日書連(日本書店商業組合連合会)の機関紙「全国書店新聞」に掲載されている「声」や「本屋のうちそと」は、いわゆる「町の本屋さん」のその時々の本音が伝わってくるざっくばらんなエッセイ欄で、折を見ては覗いています。様々な苦労話に時には共鳴し、時には「まだまだ自分は本屋さんの苦労を理解し切れていないな」と思ったりして、本屋さんの「肉声」を胸の内で反芻します。

いっぽうで、本屋さんの「本音」に違和感や距離感を感じることもままあります。出版社には出版社の言い分があります。「声」欄や「本屋のうちそと」で「出版社の対応が云々」と書かれているときには、いったい筆者の脳裏には具体的にどんな出版社名が浮かんでいるのだろうと想像します。もしA社もB社もC社もぜんぶひっくるめて「出版社」だというスタンスだとしたら、そうした十把一絡げは断固拒否したいというのが私の「本音」です。

たとえば講談社も月曜社もともに出版社であると一般読者が認識するのはごく当然のことです。けれども、業界人たる本屋さんの場合は、講談社と月曜社は全然別の「現実」を抱えている会社であることが想像できるだろうと思うのです。私はいっしょくたにされたくないです。会社の規模の大小や出版傾向の違いだけが問題なのではありません。いっしょくたにして「出版社は云々」と批判する人がもしいるとしたら、それはちょっと話が大雑把過ぎる。

出版社も「書店」という言葉や「読者」という言葉を便利に都合よく使って、現実を平板化して話を進めることがありますから(私もそうした過ちをしばしば犯しているのでしょう)、お互い様と言えばそうなのかもしれません。

そうした平板化や抽象化の過ちを犯しつつも、それでも書店と版元が本音で意見交換をすることはとても重要だと思っています。業界では「書店と取次と版元の三位一体」という美しい表現を耳にすることがあります(その言葉を使うのはたいてい業界のお偉いさんたちのように見えます)が、実際は癒しがたい距離感や立場の優劣が裏にはあります。

「三位一体」という便利なモットーこそないものの、「声」欄や「本屋のうちそと」欄ではあたかも出版社と取次にアドバンテージがあるような記述に出会うことがあります。それは零細出版社の存在を無視した議論に陥る危険を冒しているようなものだと思います。「その他大勢」にすらなれない零細企業の存在。

ウラゲツ☆ブログでは零細出版社の明暗をもっと赤裸々に皆さんに伝えるべきなのかもしれません。しかし、自分たちのどうしようもなくグダグダでふがいない現実や無知をさらけ出すのは、それなりの心的負荷がかかる作業です。書いているうちに自分が情けなくなったり、こんがらがって立ち往生したりするでしょう。「零細版元の苦労は知っているよ」という人もいるでしょうが、大方は零細出版社の個々の現実をご存知でないのが普通でしょう。

ディスコミュニケーションを承知で、「声」欄や「本屋のうちそと」欄にもの申す、という場面もそのうち拙ブログに訪れるのではないかと予感しています。げんにこれまでも幾度かそうしようと思ったことがあるのです。

「声」欄や「本屋のうちそと」欄には「三位一体」以前の「三つ巴」状態における貴重な本音があります。この本音が大事だと思います。書店人と出版人との間には否応のない「温度差」がある。その間に立っている取次の存在が「温度差」の根源だとは単純化できませんけれども、取次人はこうした温度差をどう思っているのか。

辛口に言えば、どれほど私たち業界人がそれぞれ別々の土俵で、めいめいに勝手な立場から、あらぬ方向へ向かって発言しているのかということを、見直してみるといいと思うのです。

そのためには紳士的なタテマエ論を棄てて、無知だろうが誤解だろうが、互いの「本音」に耳を傾けて、互いの認識のどこにズレが生じているのかについて率直に意見交換するのが一番であるように思うのです(という理想論で御免下さい)。
[PR]

by urag | 2006-04-04 20:56 | 雑談 | Trackback(1) | Comments(8)
トラックバックURL : http://urag.exblog.jp/tb/3437418
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from booplog at 2006-04-05 10:42
タイトル : 出版業界ニュースリンク06年04月05日(水)
■「大学新入生に薦める101冊の本」(岩波書店) 有馬毅一郎さん(読売新聞) この本です。いい本です。 ■メディアでの性表現が性体験の低年齢化を促進、米研究(ロイター) ■サイバーリンク、ブログエントリをローカル編集できる「マイ・ブログ」(BroadBand Wa...... more
Commented by yn at 2006-04-05 01:45 x
このブログを閲覧している方ならば、五月氏が愚痴交じりに書きつける、書店と取次と版元の複雑な関係にも興味を示すことでしょう。辛うじて生き延びていく書物の未来のために、読者の精神に刺激を与えるために、出版事情の矛盾や問題について小出版社ならではの見解を自由に綴ってみてはどうでしょうか。いくつもの書店の片隅で「動かない本たち。だが私たちの日々にしなやかに入り込む本たちは、そこで呻き声を上げ、舞踏会を開く」(ルネ・シャール「図書館は燃え上がっている」)ために?
Commented by kajie at 2006-04-05 04:15 x
いつも楽しみに読んでおります。今回の件はまったくその通りだと思いました。出版関係の勉強会でさまざまな出版社の方とお会いすると、抱えている境遇が全く違うことを、私もいつも痛感いたします。
Commented by ヨシモト at 2006-04-05 11:04 x
いつも楽しみに拝読しております。
大手と中小版元の対比ですが、レコード業界でいうところのメジャーとインディーレーベルのようなものですかね。
ただ出版は取次コードさえあれば全国流通が可能、というところ点で他業種に比べ恵まれていますが、そこがある種の「甘え」になっているのかもしれません。
最近の零細版元の試みですと、業界紙「新文化」で紹介されているトランスアートの直流通がありますね。
Commented by urag at 2006-04-05 22:50
ynさんこんにちは。激励に御礼申し上げます。ynさんの仰る「書物」の含蓄を噛み締めています。紙媒体の来るべき終焉やpublicationの変容が私の「愚痴」をより錯綜したものにさせるかもしれませんが、あたう限り率直に語りたいと思っています。
Commented by urag at 2006-04-05 22:58
kajieさんこんにちは。出版社と一口に言っても千差万別ですよね。非常に広い世界でもあるし、他方でいくつもの村社会がある。書店さんも千差万別。ひとつの書店さんでも、店売部門と外商部門では全く違う。版元でも、編集と営業の温度差があったり。
Commented by urag at 2006-04-05 23:08
ヨシモトさんこんにちは。甘えと仰るのは鋭いご意見だと思います。たしかに「取次コードさえあれば全国流通が可能」ともいえますが、それは零細版元にとってはあくまでも「理論上」に近い話で、そこに甘えることができる余地はあまりないのも事実ですが・・・。この業界が持っているある種の利権構造を「甘え」と仰っているのでしょう。トランスビューの直取引については業界において象徴的に語られすぎているきらいがあって、私はその影響力についてやや懸念しています。この点については別の媒体で遠からず触れることになりそうです。
Commented by 担当吉田 at 2006-04-07 19:00 x
いつも楽しみに拝読しております。

実は、吉田は元リアル書店員でして、地方の駅前の小さな書店(全国チェーン店)に勤めていました。

その後、いろいろありまして、上京して、いろんな版元さんに会うことになりました。

そして、書店の話になる時、しばしば、「この人たちの視界には、あの当時の、あの土地で、毎日毎日立ち続けた僕のような書店員は、すっぽり抜け落ちているんだろうな」と思いました。

版元も千差万別ですが、書店もそうなんですよね。
Commented by urag at 2006-04-07 23:40
吉田さんこんにちは。仰る通り書店さんも千差万別です。大書店と小書店、駅前店と郊外店、チェーン書店と単独店、対比はこれらが全てではありませんが、それぞれの様々な現実がありますよね。

そして、ひとつの書店さんの内部においてすら、店長とバイトさんの間に、店売担当と外商担当の間に、親と子の間に、立場の違いがあるものでしょう。

さらに言えば、図書館も色々、古書店も色々、取次も色々、運送会社も色々、印刷製本所も色々、紙屋さんも色々、作家も色々、デザイナーも色々。色々、色々。

知らないことだらけですけれども、知らなくてもいいや、で終わらせたくないですね。アルファベットのAとZは直接は隣り合ってはいないけれども、それらをつなぐ「あいだ」がある。BCD・・・WXYというように。私がはっきりとは想像することのできない吉田さんのあの日の姿と、私との「あいだ」。この「あいだ」はたとえ想像が及ばなくとも、何ひとつ存在しない「無」ではないのですよね。


<< 「未来」06年4月号にジュンク...      月曜社06年4月刊行予定:『野... >>