ウラゲツ☆ブログ

urag.exblog.jp
ブログトップ
2006年 03月 10日

作家の生原稿が流出。献呈本も売却されているかもよ。

村上春樹:直筆原稿が古書店に大量流出 編集者が無断売却」という毎日新聞の記事を読んで、あることを思い出した。この記事によれば、某「スーパー・エディター」氏はC社から作家の生原稿を自宅に持ち帰り、亡くなる前年から古書店に徐々に売却していたのだという。原稿の一部は神保町の古書店で高値がつき、すでに売れてしまったとのこと。

生原稿ではないけれど、某「スーパー・エディター」氏への著者からの献辞のある本を、同じ店かどうかわからないがやはり神保町の某有名店で、私は購入したことがある。別に献辞があるから買ったのではなく、その本が欲しかったので買ったのだった。その本屋では他にも、物故した某大作家に献呈されたとある本を購入したことがある。これもその本が欲しかったから買ったわけで、献呈本を蒐集する趣味は私にはない。

その古書店の名前を書くのはいささか躊躇われる。たぶん知っている人は知っている。献呈本を見かけたり買ったりしたことのある客が私以外にもいるのではないか。作家や物書きのもとに出入りする古書店は実際に存在するだろう。用済みの蔵書は引き取りますよと謳っている店があるくらいだから。

何にせよ、作家に無断で生原稿を売ってしまったことは同業者をひどく暗い気持ちにさせる。出版人によるこうした無断売却事件は他社においても複数存在してきたのだろうけれど、「スーパー・エディター」氏の場合は彼のキャラクターとあいまって非常に象徴的な気がする。記事には「村上さん以外にも、本人に無断で直筆原稿が売られている作家はいるとみられ」という一節がある。多くの作家と仕事をしてきた「名編集者」であるから、実際にそれは確度の高い話だろう。

もとより彼だけが問題なのではない。この業界のどこか傲慢で閉鎖的な「村の倫理」は厳しく検証されなければならない。(H)
[PR]

by urag | 2006-03-10 23:11 | 雑談 | Trackback(1) | Comments(6)
トラックバックURL : http://urag.exblog.jp/tb/3320401
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 歩行と記憶 at 2006-03-11 01:16
タイトル : [本の記憶]ヤスケンさん、何か言ってよ?
ISBN:4344406486:detail  毎日新聞3・10の『村上春樹さん生原稿流出』、[「氷の宮殿」翻訳古書店で100万円]、ー元編集者が無断で自宅へー、というタイトルが目に飛び込みました。何故、今頃になって、というのが僕の素直な感想です。『文芸春秋』4月号に村上春樹さんが『ある編集者の生と死ー安原顕氏のこと』として、直筆原稿が村上さんに無断で古書店に大量流出していたことを明らかにした寄稿なのです。今日、さっそく僕は文春を読みましたが、肝心の村上さんの一文では何故、ヤスケンさんが急に村上さんと...... more
Commented by 葉っぱ64 at 2006-03-11 01:25 x
あまり楽しくないトラバを致しました。ご寛恕を…。
Commented by urag at 2006-03-11 22:40
葉っぱさんこんにちは。いつもありがとうございます。確かに楽しくない話題ですが、楽しくなくても話さなければならないことなのですね。
Commented by 加藤 at 2006-03-12 10:43 x
出版社の管理下にあつて、作家に所有権がある原稿と、贈与された本とでは、法的に全く意味が違ひます。原稿の横流しの話と並べて、献呈本を売ることを「流す」と表現するのは、誤解を招きませんか。
Commented by urag at 2006-03-12 12:28
加藤さんこんにちは。貴重なご意見をありがとうございます。むろん私は二つを混同しようとは思っていません。売っちゃうのかよ、とは思っていますけれどもね。表題を「作家の生原稿が流出。献呈本も流れているかもよ。」から「作家の生原稿が流出。献呈本も売却されているかもよ。」としました。
Commented by aquirax at 2006-03-13 01:04 x
作家への献呈本って結構流通してますねえ。私も成城の某古書店などでは周囲に大量に献呈本が到来する大作家や大編集者が多いせいか、数点見かけました。まあ大谷崎が戦時中発禁食らって私家版でこしらえた『細雪』なんか献呈署名入りで高値で売られてますし、そういうもんなんでしょうか。
Commented by urag at 2006-03-13 11:12
aquiraxさんこんにちは。そうですね、献呈本が集まりやすい地域というのはあると思います。献呈された人がまだ存命中だったりする本を見つけると、出版社の立場としては若干複雑な気持ちになります。


<< テストステロン:ヒステリック・...      深海で発見された新種の「雪男の... >>