ウラゲツ☆ブログ

urag.exblog.jp
ブログトップ
2006年 03月 06日

小さい本、大きい本

文庫本より小さいサイズの本とか、A5判や菊判よりもっと大きい本って好きなんですよ。とは言っても限度はあって、豆本とか、抱えきれないくらいにデカくて重い本になるとさほど執着がなくなるんですけれども。『毛主席語録』のようなポケットに入るくらいの真っ赤な小さい本とか、『日夏耿之介全集』(河出書房新社)のような存在感のある大判の函入本とかが好きです。

文庫本の小ささは、自分にとっては中途半端なのです。バッグには入れやすいけれども、ジーンズのポケットにしまうのはちょっと無理な時もある。46判やA5判の大きさは、ありきたりすぎるのです。B5以上であればある種の荘厳さが醸し出されてくる。

「この著者でこういう大きな本を作りたかったんだ」というのが夢に出てきたことがあって、眼が醒めて寂しいような、良いヒントをもらったような、そんなこともありました。また実際に、別の著者のとある本を「毛語録」のように小さくする企画を立てたり。いずれもまだ果たせていませんがいつの日か。(H)
[PR]

by urag | 2006-03-06 23:30 | 雑談 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://urag.exblog.jp/tb/3300584
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 光線過敏症、シーズン・イン      今週の注目新刊(第41回:06... >>