「ほっ」と。キャンペーン
2006年 01月 26日

洛北出版よりリンギス『何も共有していない者たちの共同体』

a0018105_1912353.jpg何も共有していない者たちの共同体
アルフォンソ・リンギス(1933-)=著、野谷啓二(1956-)=訳、
洛北出版、本体2600円、ISBN4-903127-02-8

●すべての「クズ共」のために。どこから来たか、ではない。なにができるか、でもない。私たちと何も共有するもののない人々の死が、私たちと関係しているのではないか、という実感をこんにちますます持ちつつある現代人のために。人種的つながりも、言語も、宗教も、経済的な利害関係もない人々、そこに生まれる未聞の共同体へ。堀田義太郎(1974-)と田崎英明(1960-)による二篇の解説付。序文立ち読みはこちら

●ついに刊行されました!私が大好きな本が日本語でも読めるようになりました。装丁もとても綺麗です。Lingoさんというお名前のデザイナーの方。本書は洛北出版さんに直接注文すれば、郵便振替による代金後払いで、送料も振込手数料も無料。ぜひご利用ください。

●これで次には、アガンベンの"The Coming Community"が訳されれば一読者としては言うことなしです。

●洛北出版さんの次の新刊は、浅野俊哉著『スピノザ 共同性のポリティクス』だそうです。今春刊行予定。さらに続刊予定として、マサオ・ミヨシさんの自伝やルディネスコの本がエントリーしているとのことです。前者は原書を翻訳したものとかではなくて、本書自体がオリジナル版だそうですよ。楽しみですね。(H)
[PR]

by urag | 2006-01-26 01:33 | 本のコンシェルジュ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://urag.exblog.jp/tb/3087737
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< アマゾンの個人向けおすすめ本が...      2005年を振り返りつつ、下半... >>