2005年 12月 05日

寺山修司+森山大道「あゝ、荒野」展

12月10日にパルコ出版から刊行される、寺山修司+森山大道『あゝ、荒野』の出版記念展覧会が渋谷のロゴス・ギャラリーで好評開催中です。

『あゝ、荒野』は、寺山修司が遺した唯一の長編小説「あゝ、荒野」と、森山大道の60年代の新宿の写真がコラボレートされたもの。68年に刊行された写真集『にっぽん劇場写真帖』以来の、寺山×森山の競演作です。

会場では、『あゝ、荒野』を先行販売しているほか、特装限定本や特製B全ポスターも販売しているとのことです。特装限定本は売り切れ必至! 急ぎましょう!

■寺山修司生誕70年「寺山修司+森山大道『あゝ、荒野』展

会期:05年12月1日(木)~ 12月13日 (木) ※最終日は5:00pmにて閉店
会場:LOGOS GALLERY(渋谷パルコ・パート1 地下1階)
問合せ:電話03-3496-1287(ロゴスギャラリー)

◎トークショー
日時:12月10日(土) 14:00~
ゲスト:九條今日子(寺山修司元夫人)+森山大道(写真家)+木下秀男(元アサヒグラフ編集長)
※当日先着順。開店時より整理券を配布。

寺山修司+森山大道『あゝ、荒野』(パルコ出版) 3,675円
寺山修司+森山大道『あゝ、荒野』特装版(パルコ出版) 200,000円 ※プリント付。限定50部。
展示写真オリジナルプリント 250,000円
B全ポスター 5種 各2,100円、5枚セット価格8,400円
[PR]

by urag | 2005-12-05 13:00 | イベント告知 | Trackback(4) | Comments(3)
トラックバックURL : http://urag.exblog.jp/tb/2773641
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ***LABORATOR.. at 2005-12-05 19:15
タイトル : セイコーファイブと森山大道
明日から仕事。 娑婆に戻るときが来た。嬉しいような、変な感じ。 壊れていたビジネス用カバンを捨てて、アニエスのに新調。 時計もカシオのなんか逆輸入品のを買ってもらった。 誕生日&クリスマスプレゼント、ということでちょっと予算を越してしまいました。ゴメンナサ..... more
Tracked from 全ての未確定に火を放て at 2005-12-06 14:17
タイトル : 森山大道『あゝ、荒野』展(寺山修司生誕70年記念)
(渋谷パルコ・ロゴスギャラリー) 職場全体のバブリーな忘年会をサボり、 ワークショップ仲間の俊ちゃんの誘いを受ける形で、 森山大道さんの写真展のレセプションに少し遅れて参加。 今回の写真展は、 あの天才と言われた詩人・戯曲家寺山修司氏の生誕70周年記念として、 寺山氏が書いた小説「あゝ、荒野」の再出版に併せたものだった。 この小説で挿入される写真を撮影したのが森山大道さんである。 寺山氏はかつて天才アラーキーの師事を受けたという写真好きであるらしく、 かねてより注目していた森山さんに、自分の小説の写...... more
Tracked from 写真家 岡本英理のブログ at 2005-12-06 23:24
タイトル : 渋谷にて…
今日は二つの目的があって渋谷に行った。一つ目の目的。『あゝ、荒野』展 寺山修司.森山大道。ピシッと並んだ写真を観てワクワクし、昔森山さんのドキュメンタリー映画を観た時、森山さんの撮り方が凄くかっこよくて、ワクワクしたのを思い出した。二つ目の目的。以前お仕事させていただいたアンダーグラフ(撮影は、ボーカルの真戸原直人さん一人。)のライブ。ステージの上にいる真戸原さんは、キラキラしていてかっこよかった。でも、私のとった真戸原さんも凄く素敵に撮れたので、楽しみにしていて下さい。(皆さんに見てもらえるまで、あ...... more
Tracked from シリウス通信 at 2005-12-22 16:51
タイトル : 寺山修司+森山大道の競作 『あゝ、荒野』 出版
 詩・短歌・小説・評論・エッセイ・映画・演劇などジャンルを超えて前衛的な活動を続け、今も若い読者を獲得し続けている寺山修司(1935〜1983年)。彼が遺した唯一の長編「あゝ、荒野」(1966年初版)が、舞台となっている新宿を40年以上に渡って撮り続けている写真家森山....... more
Commented by kasuga at 2005-12-05 19:26 x
昨日行ってまいりました。
展示点数はあまり多くなかったですがよかったですよー。
先行発売分の本も順調に売れておりました。
Commented by urag at 2005-12-06 12:58
kasugaさんこんにちは。コメとTBをありがとうございます。若い世代の方々にとっては、60年代はかえって新鮮に映ることもあるのでしょうね。かくいう私にとっては新鮮に見えています。
Commented by okeke-okeke at 2005-12-13 18:30
コメントどうもありがとうございました。
私の知らない本の世界が広がっていますね!!!
せっかくなので、リンクさせてください。
また遊びにきます~。

60年代はジャンルミックスというか、
色んなジャンルが双方向に溶け合っていたと想像します。
今は同人的でそこに閉塞感をもってしまいます。
なんてね。


<< 本日発売の「ダ・ヴィンチ」1月号で      今週の注目新刊(第31回:05... >>