ウラゲツ☆ブログ

urag.exblog.jp
ブログトップ
2017年 06月 16日

ブックフェア「這いまわる思考」@紀伊國屋書店新宿本店3F

◎ブックフェア「這いまわる思考」(『こびとが打ち上げた小さなボール』刊行記念)

期間:2017年6月5日(月)~6月30日(金) ※7月上旬まで延長の可能性あり。
場所:紀伊國屋書店新宿本店3階、I-28棚

チョ・セヒ『こびとが打ち上げた小さなボール』(河出書房新社、2016年12月)の刊行を記念し、翻訳者・斎藤真理子さんと紀伊國屋書店新宿本店3Fブックフェア委員会との共同選書フェアが行なわれており、好評を博していると聞きます。「韓国の文化や思想はもちろん、障害者運動や反差別運動、労働運動、移民の権利運動など、国を越えて各地で展開される地面からの抵抗の歴史を紹介します」という意欲的なもの。斎藤さんの選書23冊と委員会の41冊、合計で64冊が展開されています。弊社の既刊書、申鉉準(シン・ヒョンジュン)ほか『韓国ポップのアルケオロジー――1960-70年代』(平田由紀江訳、月曜社、2016年2月)や、ジャン・ジュネ『公然たる敵』(アルベール・ディシィ編、鵜飼哲・梅木達郎・根岸徹郎・岑村傑訳、月曜社、2011年3月)も並べていただいています。

斎藤さんのエッセイ「蹴散らされた人々の声」と64冊への選書コメントを掲載したパンフレットが店頭で無料配布されています。非常に興味深い選書内容で、必見です。

a0018105_20500335.jpg
a0018105_20512854.jpg
+++



[PR]

by urag | 2017-06-16 21:00 | イベント告知 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://urag.exblog.jp/tb/237100662
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 注目新刊:ハマー『アルカイダか...      7月上旬新刊:ロゴザンスキー『... >>