2017年 02月 03日

「人文書出版の希望と絶望」要旨

先月(1月20日)にお邪魔した新潟哲学思想セミナーでの私の拙い発表「人文書出版の希望と絶望」の要旨をまとめていただいた記事「第24回新潟哲学思想セミナーが開催されました。 【NiiPhiS】」が、新潟大学人文学部「人間学ブログ」に掲載されました。ご来場いただきました皆様、質問してくださった皆様、宮崎裕助先生をはじめ運営スタッフの皆様に深く御礼申し上げます。会場でお配りしたレジュメにメールアドレスを記しましたので、よろしければ今後も意見交換ができれば嬉しいです。

同日午前中には宮崎先生の「現代思想論」講座にて「汎編集論的転回」と題して発表しましたが、受講された皆さんのコメントペーパーはすべて拝読させていただき、ご質問については応答を先生にお送りしました。またの交流の機会を楽しみにしております。

+++
[PR]

by urag | 2017-02-03 12:43 | ご挨拶 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://urag.exblog.jp/tb/23597980
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 注目新刊:ブルデュー『男性支配...      ブックフェア「エコロジカル・シ... >>