ウラゲツ☆ブログ

urag.exblog.jp
ブログトップ
2016年 11月 16日

ブレポルス(Brepols)さんの日本サイトとオンラインストア

手帳買い替えの季節ですね。当ブログでは2005年1月6日に「ブレポルス社製の手帳、インタープラン」、2012年12月29日に「ブレポルスのインタープラン」という記事を投稿しましたが、今回が3つ目の投稿です。ブレポルス(Brepols)さんの日本語サイトが開設されていたことに気づいたためです(開設は2015年9月頃だったご様子です)。運営は輸入ステーショナリーや雑貨を扱っている株式会社不二越さんです。製品紹介が充実していて、オンラインストア(Yahoo!ショッピング「DESCO ONLINE STORE」)へのリンクもはられています。

私はと言えば、同社のジェノヴァ(Genova)のインタープラン(Interplan)を長年愛用してきたのですが(時折、パレルモ(Parelmo)やラヴェンナ(Ravenna)を買っていたようです)、今年からすっぱりとリマ(Lima)のインタープランに乗り換えました。値段が三分の一になるという魅力のほかに、フカフカした合皮カヴァーが年々増えていくよりも硬くて薄い表紙の方が保管しやすく、毎年だいたい使わずに無駄にしていたアドレス帳も付属しない、という利点がありました。

リマを1年使ってみた感想としては、これで充分、という思いがある一方で、表紙の合皮が部分的にはがれることがあったり、へりがへたれたりすることもある、ということが分かりました。頁の開き具合も、むろんプラスティック・リングを使用した他のラインナップと比べれば、製本してあるのでフルフラットにはなりません。そうした消極的な要素はあるものの、2017年の手帳もリマをオンラインストアで購入しようと思います。しばらくはリマを使うことになるだろうと思います。

今まで日本ではブレポルスの製品は種類が多くなかったのですが、おそらく遅くとも一昨年あたりからでしょうか(2014年2月頃開設とも伺っています)、オンラインストアで色々な手帳が買えるようになったようです。特にクロコダイルプリントが美しいベレガンザ(Belleganza)は人気だろうと思いますし、ヴィンテージ(VIntage)や、スターク(Stark)も愛らしいですね。個人的にはベレガンザの白の2017年版が出たら、使用しなくても買ってしまいそうな予感がします。
[PR]

by urag | 2016-11-16 16:00 | 雑談 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://urag.exblog.jp/tb/23369202
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< メモ(7)      12月上旬発売予定:荒木経惟×... >>