ウラゲツ☆ブログ

urag.exblog.jp
ブログトップ
2016年 02月 19日

「紀伊国屋じんぶん大賞2016」発表

a0018105_13474868.jpg

◎「紀伊國屋じんぶん大賞2016――読者と選ぶ人文書ベスト30」連動フェア

期間:開催中~3月上旬 
場所:紀伊國屋書店新宿本店3階

毎年恒例の「紀伊國屋じんぶん大賞―─読者と選ぶ人文書ベスト30」の2016年版が発表されました。大賞は、岸政彦さんの『断片的なものの社会学』(朝日出版社)です。受賞コメントは上記リンクでお読みいただけるほか、現在同チェーンの主要店で展開中の連動ブックフェアの店頭にて無料配布中の記念小冊子でもご覧になれます。同冊子には読者推薦コメントのほか、斎藤哲也さん、山本貴光さん、吉川浩満さんの三氏による特別鼎談も収録されています。

連動フェアの概要は以下の通りです。

①「紀伊國屋じんぶん大賞2016」ベスト30フェア
「読者と選んだ人文書ベスト30作品」を展示中。記念小冊子も無料配布中です。

②「「じんぶん」のモンダイを語る――2015年の人文書を振り返って」フェア
小冊子特別鼎談を記念し、斎藤哲也さん、山本貴光さん、吉川浩満さんによる選書フェアを開催中。

③文化系トークラジオLife「文化系大新年会――2015年のオススメ本はこれだ!」フェア
TBSラジオLifeパーソナリティ陣による、「2015年のオススメ本」選書フェアを開催中。

また、同大賞2位に選出された森田真生さんの『数学する身体』(新潮社)関連のフェア「森田真生をめぐる宇宙――【じんぶんや】特別企画『みんなのミシマガジン×森田真生 0号』刊行記念」が、紀伊國屋書店新宿本店4階で3月上旬まで開催されているとのこと。このフェアでは、森田さん選書「私をつくった○冊の本」に加え、『みんなのミシマガジン×森田真生 0号』の執筆・制作に携わられた小田嶋隆さん、榎本俊二さん、池上高志さん、立川吉笑さん、山縣良和さん、矢萩多聞さん、そして、「みんなのミシマガジン」編集長・三島邦弘さんの著書と関連書も展開中だそうです。

a0018105_1349770.jpg

さらに、紀伊國屋書店新宿本店3階、グランフロント大阪店では同じく3月上旬まで、『現代思想 2016年1月号:ポスト現代思想』ならびに『現代思想 2016年3月臨時増刊号:人類学のゆくえ』の刊行を記念したブックフェア「ポスト現代思想――新しい思想のダイアグラム」が開催中です。フェア企画趣旨に曰く「「思弁的実在論(Speculative Realism)」や「新しい唯物論(New Materialism)」、「オブジェクト指向存在論(Object-Oriented Ontology)」、そして、「人類学」のあたらしい潮流――当フェアでは、現代思想の最先端の議論を紹介しながら、「新しい思想のダイアグラム」を探っていきます」とのこと。リンク先では出品書目一覧とともに、青土社営業部さんが作成されたという「ポスト現代思想相関図」が掲出されています。フェアでは和書だけでなく未訳の注目洋書も店頭販売されていて、非常に意欲的な催事となっています。

a0018105_1350155.jpg

[PR]

by urag | 2016-02-19 13:50 | イベント告知 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://urag.exblog.jp/tb/22496321
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 注目新刊:ドゥルーズのベーコン...      「新書大賞2016」発表 >>