ウラゲツ☆ブログ

urag.exblog.jp
ブログトップ
2005年 09月 05日

TRC「週刊新刊案内」復活を望む声の高まり

雨崎良未さんのブログ [ EP: end-point ] の2005年9月4日のエントリー「新刊リストよ、お願いだからザオラル!」では、TRCの「週刊新刊案内」がどれほど有用だったかが非常に手際よく十全にまとめられています。私もこれまで幾度か言及してきましたが、TRCがブックポータルのサービスを終了したことについて、誰とも話し合えず、孤独を感じていました。

ところが雨崎さんの上記エントリーを読み、「週刊新刊案内」終了を惜しむ声、復活を望む声があちこちであがっていることを知って、大いに共感を覚えている次第です。

雨崎さん個人としては、これまで「週刊新刊案内」を利用して、自身で購入する書籍と、図書館に購入依頼を出す書籍をピックアップしておられたとのこと。この、「図書館に購入依頼を出す書籍をピックアップ」するということを明示されたのは非常に重要です。

TRCは個人客に、以後はbk1を利用するよう促しています。TRCにとって個人客は、新刊書籍を「個人消費」するだけでなく、図書館が本を購入するよう自由にリクエストを出せる存在なわけで、その意味では「間接的」な大得意先であるはずなのですが、TRCはそのことを低く見積もっていると思わざるを得ません。

有料でもいいから情報が欲しい、という声があるのも事実なようです。私としては、無料提供での復活を望んでいます。TRCは個人客に無料提供するかわりに、個人客を利用してTRCの収益に繋がるような何かしらのプログラムを作るといいのではないかと思うのです。

「週刊新刊案内」復活のために、個人客が連帯していけるならとても嬉しいです。(H)
[PR]

by urag | 2005-09-05 20:54 | 本のコンシェルジュ | Trackback(2) | Comments(2)
トラックバックURL : http://urag.exblog.jp/tb/2223488
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from booplog at 2005-09-07 10:35
タイトル : 出版業界ニュースリンク050907
■雑誌で Google アドワーズ(インターネットコム) 最後の一文が印象的です。 ■~働く女性を支援するキャリア系コンテンツを増設~(News2UNet) 「「求人情報誌よりも、ビジネス書よりも役立つ!」を目標」とのこと。 ■変える? 耐える? 辞める?(書籍編集者の...... more
Tracked from シャ ノワール カフェ .. at 2005-10-29 15:51
タイトル : yamさんへの応答(「再販制」を考える)
yamさんから10/27のコメント欄で、重要な問題提起をいただきましたので、本文で応答します。 yam 『まず質問と疑問を。 低正味、てのはなんでしょうか?つまらない質問で申し訳ない。 市場均衡価格、というのは本に限らずあるのでしょうか?(経済学のテキストのなかでしか通用しない仮想のものではないか?) 本の場合、市場が小さすぎ(つまり、卵や、烏龍茶や、ビスケット、靴下。。)などとは商品が異なりすぎる。著者Aの署名BBという本がどの店でいくら、あの店でいくら、という情報が任意の顧客に容易に定額制はいる...... more
Commented by leeswijzer at 2005-09-05 22:34 x
ワタシも長い間,TRCの週間新刊リストで新刊チェックをしてきましたので,このたびの「閉鎖」は心底残念です.というか,TRCのいう閉鎖の理由なるものが理解できません.リストをつくってきた会社自身が、その意義をわかっていなかったのではという気さえしています.「復活」のために声をあげるべきなのかと考えはじめています.
Commented by urag at 2005-09-06 19:06
leeswijzerさんはじめまして。TRC自身がリストの意義を分かっていなかったのでは、というご指摘、同感です。無論、彼らには彼らなりの位置づけがあるのでしょうが、少なくとも個人客の便宜や利害とは重なり合うものではなさそうですね。「復活」運動、じわじわとやっていければいいなと思います。


<< アガンベン『涜神』書影公開      今週の注目新刊(第18回:05... >>