2015年 10月 28日

古書店「風光書房」さんが閉店セール開始、ほか

a0018105_14504188.jpg

★ヴェルナー・ハーマッハーさん(著書:『他自律』)
★上野俊哉さん(著書:『アーバン・トライバル・スタディーズ』)
★鵜飼哲さん(共訳:ジュネ『公然たる敵』)
★西山雄二さん(訳書:デリダ『条件なき大学』、共訳:『ブランショ政治論集』)
★宮﨑裕助さん(共訳:ド・マン『盲目と洞察』)
青土社さんの月刊誌「現代思想」2015年11月号「特集=大学の終焉――人文学の消滅」が発売され、各氏の論考や討議が掲載されています。鵜飼哲さんと島薗進さんの討議「大学への支配と抵抗」(62-79頁)をはじめ、上野俊哉さんによる「人文系BF私大を再活性化するためのいくつかのアイディア」西山雄二さんによる「人文学の後退戦――文科省通知のショック効果に抗って」、宮﨑裕助さんによる「文献学への新たな回帰?」、ヴェルナー・ハーマッハーさんによる「文献学についての95のテーゼ」(大塚良貴訳)といった力作論考が収録されています。詳しい目次内容は特集名のリンク先をご覧ください。

+++

毎日新聞のIさんからいただいた情報ですが、地下鉄「小川町」下車数分の高名な古書店「風光書房」さんが、来月末の閉店を前に20%オフのセールを始められたとのことです。Iさん曰く「独仏文学や哲学の古い翻訳書を中心にカトリック関係、京都学派等あれほど多くの人文書を「店頭に」そろえた古書店は全国でも数少ないでしょう」とのこと。私も幾度かお世話になってきました。

風光書房
101-0062千代田区神田駿河台3-7 新興ビル4F (三井海上火災向かい)
営業時間:11時~18時半(土曜13時から。日祝休み)
電話/fax:03-3295-1116
[PR]

by urag | 2015-10-28 14:50 | 本のコンシェルジュ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://urag.exblog.jp/tb/21781783
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 久野広 at 2015-10-28 17:23 x
風光書房さん閉店のニュースに驚きました。以前、職場が至近でよく利用したのでした。「待つこと 忘れること」(ブランショ)を買えたことが大切な思い出です。

「待つこと 忘れること」、月曜社さんで復刊できないのでしょうか?豊崎訳もありますが、やはりこちらが良いと個人的には思います。(出すぎたコメントで申し訳ありません、でもそれほど大切な本ななです)
Commented by urag at 2015-10-28 20:13
久野広様こんにちは。コメントありがとうございます。 久野さんとは気が合うようですね、私も平井照敏さんの訳が好きなのです。復刊できないかと考えたことも何度かあります。いま一度、再検討の余地がありそうです。


<< 注目新刊:ヴィヴェイロス・デ・...      オブリスト『ミュージック――「... >>