ウラゲツ☆ブログ

urag.exblog.jp
ブログトップ
2015年 09月 28日

備忘録(1)

情報交換と情況共有がますます重要性を増して個人間のやりとりとして潜行していく過程にある昨今、そろそろ頃合かと思うので、「雑談」から「備忘録」へとタイトルを変更します。

◆2015年9月28日午前10時現在。

「神奈川新聞」9月25日付記事「不適切図書混入の疑い 海老名市立中央図書館 指定管理目前 選書でつまずき 市教委 確認に追われ」に注目。コメント欄のあるヤフーニュース版はこちら

海老名市立中央図書館は「老朽化による大規模改修のため、昨年11月に閉館して今年10月1日に指定管理制度を導入してリニューアルオープンする。総事業費は10億7900万円で、利用者目標は年間100万人。壁面などを有効活用して開架図書を約12万冊から約25万冊に増やす。目的外使用エリアを新設して指定管理者がカフェや書店も運営する」。武雄市図書館に続くいわゆるツタヤ図書館(図書館+書店+カフェ)です。

「新規購入予定の図書に発行の古い本など不適正なものが含まれているのではないかとの指摘があり、市教育委員会が確認に追われている。〔・・・〕指定管理者として管理権限を委任されているのは、CCCと図書館流通センター(TRC)の共同事業体」。「海老名市教委は8月下旬に週刊誌の報道などで〔武雄市図書館問題を〕知り、同市でもこうした問題が起きないよう、9月に入って指定管理者側から約8300冊の購入リストの提出を求め、確認作業を行っているという。伊藤文康教育長は「不適正と思われる図書はざっと見て100冊以上はあった」と話している」。ざっと見て100冊以上となると、しっかり見ればそれ以上の数字になることは間違いないでしょう。

「内野優市長は「市民に疑惑、疑念を持たれないように対処したい」、伊藤教育長は「図書購入リストは凍結、選書はやり直す」などとそれぞれ答弁。選書・除籍の業務は教育長決裁に見直す考えを示した」。まあそうならざるをえないでしょうね。

「市と指定管理者が締結した協定などによると、選書は市教委側が図書館法などに基づいて作成した基準を示し、指定管理者がリストアップして購入。基準には対象外としてコミックやタレント本などを列挙しているが、中古本などは明記されていない。市教委側が購入前に確認する手順にもなっていなかったという」。報道や指摘がなければそのまま自治体側の確認なしに「選書」が通っていたかもしれないという怖ろしさ。

「TRC会長の谷一文子・同図書館統括館長は「リストはCCCが予備的に作成したもの。不適正な本も見られるが、選書経験の長いTRC側がチェックする前のものだった」と説明」。CCCの影響でTRCの印象も悪くなりかねないことは避けられそうにありません。

谷一文子さんについては「SankeiBiz」2014年9月29日付記事「【ウーマンシップ】図書館流通センター・谷一文子会長」に曰く「大学卒業後、岡山県内の病院で臨床心理士として勤務したのち、岡山市の中学校、公共図書館の司書として7年ほど務める。その後、夫の東京転勤に伴ってTRCに入社する。データ部、図書館の運営をサポートする部署の責任者を経て2006年、社長に就任。昨年会長に、今年4月からは会長職のまま、神奈川県の海老名市立中央図書館長に就任した」とのこと。

さらに「朝日新聞」2015年9月28日付、松下和彦氏記名記事「「ツタヤ図書館」賛否問う 愛知・小牧で住民投票告示」にも注目。

「愛知県小牧市の図書館建設計画を巡る住民投票が27日、告示された。レンタル大手「ツタヤ」を展開するカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)と連携した計画の賛否を問う。同日告示の市議選と同じ有権者が10月4日に投票し、即日開票される。/小牧市は、CCCの助言を反映した基本設計案を策定。「ツタヤ図書館」として話題を呼んだ佐賀県の武雄市図書館と同様、書店やカフェを併設し、名鉄小牧駅前のにぎわい創出を期待する。建設費は42億円で3年後の開館を目指す」。小牧市立図書館も建設アドバイザリー業務受託者としてCCC・TRC共同事業体が選定されています。

市の9月17日付公示「新図書館の建設」によれば「新図書館は、現図書館の老朽化や狭隘化などの問題に対応するために建設するものです。/さらに、小牧駅前の市有地に建設することで、利用者の利便性向上を図るとともに、中心市街地のにぎわい創出にもつながることを期待するものです」と。書物が関わるビジネスの中で、図書館建設というのは街づくりに直結する事業であり、もっともカネがかかる規模のものです。小牧市の住民投票の行方が気になります。

※武雄市図書館蔵書用にCCCがネットオフから100円本を買い付けたとされる件に関しては、「週プレニュース」2015年9月7日付記事「大批判の渦中、ツタヤ図書館が身内の中古書店から“無用の100円本”を大量購入」が参考になります。

+++
[PR]

by urag | 2015-09-28 10:14 | 雑談 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://urag.exblog.jp/tb/21687102
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 備忘録(2)      ドゥルーズの大長編インタヴュー... >>