2005年 07月 06日

マラブー新刊2冊、脳とヘーゲル

a0018105_074226.jpg

明日、七夕の夜7時より、飯田橋の東京日仏学院内エスパス・イマージュにて、カトリーヌ・マラブーさんの来日イベント、ラウンド・テーブル「哲学の使命」(藤本一勇氏との対話)が開催されます。司会は『ヘーゲルの未来』の翻訳者である西山雄二さん。西山さんは小社(月曜社)の『ブランショ政治論集』の共訳者でもあります。入場無料、同時通訳付き。

ラウンド・テーブルの内容は、サイトの紹介によれば、以下の通りです。

何故、どのようにして哲学者になるのか。哲学を教えたり、伝えたり、哲学に生きる力を与えたり、さらには他の哲学者のものを訳したりというようなことをさせるのはどのような動機や欲求なのだろうか。大学、知的伝統も全く異なる経歴を持ち、ジャック・デリダの仕事に深い親しみを共有する二人の思想家がこうした問題に答える。

このサイトに掲載されているマラブーさんのお顔、どこかで見たことがあるような気がしてなりません。……綾小路? ちがうちがうそういうオチを書きたいんじゃないってば。ああ思い出せない。(H)
[PR]

by urag | 2005-07-06 23:56 | 本のコンシェルジュ | Trackback(1) | Comments(3)
トラックバックURL : http://urag.exblog.jp/tb/2077430
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 哲劇メモ at 2005-07-07 01:20
タイトル : [イベント][脳科学][哲学][メモ] マラブー女史来日
『わたしたちの脳をどうするか――ニューロサイエンスとグローバル資本主義』をめぐって@日仏会館/2005年7月5日(火)/午後6時/601会議室,入場無料/同時通訳付き カトリーヌ・マラブー(パリ第10大学)港千尋(写真家,多摩美術大学) カトリーヌ・マラブーの著書(Que faire de notre cerveau ? -- Neurosciences et philosophie, Bayard, 2004)の日本語訳出版『わたしたちの脳をどうするか――ニューロサイエンスとグローバル資本...... more
Commented by 吉川 at 2005-07-07 01:24 x
日仏会館のほうの講演会に行ってまいりました。マラブーさん、とってもチャーミングなお方――綾小路並みに(ちがうちがうそういう(以下略――だと思いました。
Commented by urag at 2005-07-07 23:45
吉川様、こんにちは。素晴らしいレポート拝読しました。今後の更なる読解と応用を心待ちにしています。
Commented by 吉川 at 2005-07-08 05:04 x
ありがとうございます。(拙ブログでのコメントと似たような内容になって恐縮ですが)イベントでは月曜社さんの仕事をされている著者・訳者さんたちにお目にかかることができてうれしかったです。Hさんもお見えになるかと期待していたのですが、あいかわらずお忙しいのでしょうね。どうかお大事になさってくださいませ。


<< ハイデッガー全集第65巻「哲学...      出版できた本、できなかった本 >>