「ほっ」と。キャンペーン
2014年 07月 25日

注目新刊と弊社在庫情報

a0018105_0302530.jpg

★吉田裕さん(共訳:ロイル『デリダと文学』)
チョムスキーへのインタヴューの訳書を上梓されました。原書は、Nuclear War and Environmental Catastrophe(Seven Stories Press, 2013)です。目次詳細は書名のリンク先をご覧ください。本書には補遺として9つの歴史文書・参考資料が併録されています。そのなかのひとつは1945年8月25日に米軍のグローヴス司令官とレア中佐との間で原爆投下後の広島の情況について交わされた生々しい会話の記録で、アメリカ国家安全保障アーカイヴに保管されていたものです。インタヴューでは日本そのものに触れることはほとんどありませんが、日本を取り巻いている情況について様々な視点を与えてくれる啓発的な内容になっています。

複雑化する世界、単純化する欲望――核戦争と破滅に向かう環境世界
ノーム・チョムスキー/ラリー・ポーク(聞き手)著 吉田裕訳
花伝社 2014年7月 本体1,600円 四六判並製232頁 ISBN978-4-7634-0704-7
帯文より:出口はあるのか。自然に法的な権利をあたえたボリビア、支配が崩れるアメリカ、いま世界で起こっていることとは──?


★有元健さん(共訳:クリフォード『ルーツ』)
せりか書房さんから下記の訳書を上梓されました。目次詳細は書名のリンク先をご覧ください。原書は、The Art of Listening(Berg, 2007)です。レス・バック(Les Back, 1962-)さんは、ロンドン大学ゴールドスミス校社会学部教授。本書が単著の初訳になります。

耳を傾ける技術
レス・バック著 有元健訳
せりか書房 2014年7月 本体3,200円 四六判上製377頁 ISBN978-4-7967-0334-5
版元紹介文より:グローバル化する世界の中で聞きとられずに消えていく様々な声。都市社会学、人種論、民族誌の視点から著者はロンドンにおける多文化状況を鋭く分析し、「耳を傾ける技術としての社会学」を提唱する(解説/小笠原博毅)。


★川田喜久治さん(写真集『地図 新版』)
すでにご存知の方が多いと思いますが、Akio Nagasawa Publishingさんから『地図』の復刻版が今秋刊行される予定です。長澤章生さんがtwitterで2014年4月5日に「弊社Akio Nagasawa Publishing新刊情報。この秋、1965年に刊行された世界の写真集史に燦然と輝く、川田喜久治「地図」の完全復刻版を出版いたします。杉浦康平デザインによる特異な造本そのままの復刻をご期待くださいませ」と発表されており、5月13日には「弊社10月に刊行予定の川田喜久治「地図」は、1965年に刊行された、杉浦康平さんの特異な造本デザインによる初版の復刻版となります。限定600部、作家サイン&ナンバー入り。お楽しみに!」とも追記されています。さらに、7月23日現在の進行状況では「弊社刊行予定の川田喜久治「地図」(復刻版)のテスト校。3種の紙を試してみる」と伝えられています。間違いなく短期間で品切になると思われますので、長澤さんのつぶやきにしばらく注視されることをお薦めします。

+++

弊社既刊書の在庫状況です。クラウス+ボワ『アンフォルム――無形なものの事典』が版元品切になりました。重版の予定がありますが、もう少し先になりそうです。先月の新刊、ロイル『デリダと文学』がお蔭さまで好評で、在庫が少なくなりつつあります。バトラー『自分自身を説明すること』やアガンベン『到来する共同体』も在庫僅少です。上記4点は版元品切の『アンフォルム』も含めていずれも、MARUZEN&ジュンク堂書店では単品検索で店頭在庫の有無が確認できますので、ぜひご利用ください。

M&Jでは版元品切本もヒットします。スピヴァク『ポストコロニアル理性批判』、上野俊哉『アーバン・トライバル・スタディーズ』、ギルロイ『ブラック・アトランティック』、森山大道『大阪+』、ブランショ『書物の不在 第二版』、大里俊晴『マイナー音楽のために』、ユンガー『パリ日記』、そして『表象04』などです。M&Jでは代引で直送もしてくれますから、版元品切本を入手するのに本当に役に立ちます。

願わくばM&Jに見習って、大手書店チェーンのウェブサイトでは、単品ページで在庫店舗が一覧で見れるようなシステムをウェブサイトでぜひ実現していただきたいです。以前も書きましたが、紀伊國屋書店さんはM&Jに先駆けてやっていた時期があったのですが、今は支店ごとに在庫検索させるという非常に不便な方向に後退したままです。店頭では売れ残りかもしれない不良在庫が遠方のお客様にとっては喉から手が出るほど欲しい書目である可能性だってあるのですから、なんとか読者との出会いの機会を作っていただけると嬉しいです。

+++

ルソー『化学教程』ウェブ連載第8回の全文をアップいたしました。ご高覧いただけたら幸いです。
[PR]

by urag | 2014-07-25 00:29 | 本のコンシェルジュ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://urag.exblog.jp/tb/20031165
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 注目新刊:『別のしかたで』『弱...      2014年7月の注目文庫より >>