2013年 12月 10日

本日搬入:ド・マン未完の遺作『美学イデオロギー』平凡社ライブラリー、ほか

弊社出版物の著者の皆様の最近のご活躍をご紹介します。

a0018105_1510455.jpg

★ポール・ド・マンさん(著書:『盲目と洞察』)
2005年1月に平凡社さんより刊行された未完の遺作の訳書『美学イデオロギー』が、待望のライブラリー化です。本日10日(火)取次搬入。明日11日もしくは12日以降、順次店頭発売開始となると思われます。再刊にあたり、「初版に散見された若干の瑕疵を修正するとともに、註で挙げた邦訳文献のいくつかについて最新の書誌情報を補足した」と「平凡社ライブラリー版 訳者あとがき」に特記されています。ド・マンの没後30年にあたる本年(2013年)、品切だった本作がライブラリー化されることで、既訳書は一通りすべて再度入手可能になりました。

美学イデオロギー 
ポール・ド・マン著 上野成利訳
平凡社ライブラリー 2013年12月 本体1,900円 HL判並製518頁 ISBN978-4-582-76801-5

帯文より:没後30年、ド・マン再評価。脱構築批評の到達点と可能性、〈デリダ以後〉の理論的地平を拓く。

カバー裏紹介文より:〈物質的な書き込み〉で構成された〈出来事〉、すなわちテクスト。ここにレトリックによって美的・詩的な粉飾・汚損をしていくのが〈美学イデオロギー〉である。カントやヘーゲル等の哲学的著作を分析対象に、〈美的なもの〉と〈政治的なもの〉が絡みあう近代思想の起源と系譜に鋭く切り込み、テクスト分析に革新をもたらした畢生の大作。

版元紹介文より:デリダの衣鉢を継いでテクストの脱構築を徹底的に推し進めたド・マン。カントやヘーゲル等を分析対象に〈美的なもの〉と〈政治的なもの〉の起源と系譜に鋭く切り込んだ幻の主著。

原書:Aesthetic Ideology, University of Minnesota Press, 1996.

目次:
編者序論――指示作用のアレゴリー(アンジェイ・ウォーミンスキー)
メタファーの認識論
パスカルの説得的アレゴリー
カントにおける現象性と物質性
ヘーゲルの『美学』における記号と象徴
ヘーゲルの崇高論
カントの唯物論
カントとシラー
アイロニーの概念
レイモンド・ゴイスに答える

訳者あとがき
平凡社ライブラリー版 訳者あとがき
索引


★ヒロ・ヒライさん(編著書:『ミクロコスモス 第一集』)
東京大学出版会さんの月刊PR誌「UP」で9月号から連載されていた「跳躍するインテレクチュアル・ヒストリー」の最終回(全4回)を飾って、12月号に、ヒライさんのエッセイ「インテレクチュアル・ヒストリーとはなんですか?」が掲載されました。

◎「UP」連載「跳躍するインテレクチュアル・ヒストリー」全4回
1)平岡隆二「幻の「南蛮」写本を追え――科学伝来とキリシタン禁制」(「UP」2013年9月号、東京大学出版会、23-30頁;冒頭22-23頁に、連載監修者ヒロ・ヒライによる序文「リレー連載をはじめるにあたって」を掲載)
2)榎本恵美子「カルダーノ『わが人生の書』を読み解く」(「UP」2013年10月号、東京大学出版会、45-50頁)
3)菊地原洋平「パラケルススと魔術的ルネサンス」(「UP」2013年11月号、東京大学出版会、24-29頁)
4)ヒロ・ヒライ「インテレクチュアル・ヒストリーとはなんですか?」(「UP」2013年12月号、東京大学出版会、7-11頁)

連載第1回を担当された平岡隆二(1974-)さんは弊社刊『ミクロコスモス 第一集』では、ご論考「画家コペルニクスと「宇宙のシンメトリア」の概念――ルネサンスの芸術理論と宇宙論のはざまで」を寄稿されています。また今春、花書院さんのシリーズ「比較社会文化叢書」からデビュー作を刊行されています。

南蛮系宇宙論の原典的研究
平岡隆二著
花書院 2013年3月 本体2,381円 A5判並製326頁 ISBN978-4-905324-48-5

連載第2回を担当された榎本恵美子さんは今夏、勁草書房さんの新シリーズ「bibliotheca hermetica叢書」(ヒロ・ヒライ監修)から御高著『天才カルダーノの肖像――ルネサンスの自叙伝、占星術、夢解釈』を上梓されています。

天才カルダーノの肖像――ルネサンスの自叙伝、占星術、夢解釈
榎本恵美子著 ヒロ・ヒライ編集 坂本邦暢解説
勁草書房 2013年7月 本体5,300円 A5判上製312頁 ISBN978-4-326-14826-4

連載第3回を担当された菊地原洋平さんは弊社刊『ミクロコスモス 第一集』では、ご論考「記号の詩学――パラケルススの「徴」の理論」を寄稿され、第一回ミクロコスモス大賞を受賞されています。また今月まもなく、勁草書房さんの「bibliotheca hermetica叢書」第二弾として、デビュー作を刊行されます。

パラケルススと魔術的ルネサンス
菊地原洋平著 ヒロ・ヒライ編集
勁草書房 2013年12月 本体5,000円 A5判上製336頁 ISBN978-4-326-14827-1

a0018105_15114023.jpg

[PR]

by urag | 2013-12-10 15:11 | 本のコンシェルジュ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://urag.exblog.jp/tb/19124590
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 内沼晋太郎『本の逆襲』が面白い      注目新刊:フーリエ『愛の新世界... >>