「ほっ」と。キャンペーン
2005年 04月 25日

ナンシー、ブランショ、デリダ

4月25日配信のメールマガジン「[本]のメルマガ」211号に寄稿した拙文(連載「ユートピアの探求」)より、月曜社関連情報を公開した前後の記事を抜粋し、さらに、掲載できなかった付加情報を書き足して、以下に添付します。

***

さて新刊の話。このところ、ジャン=リュック・ナンシーの日本語訳がたて続けに刊行された。3月末には松籟社から、加藤恵介訳で『複数にして単数の存在』が発売され(奥付上は4月1日の刊行)、今月(4月)には現代企画室から、大西雅一郎訳で『哲学的クロニクル』が発売された。

前者は『無為の共同体』(以文社、2001年)と並ぶ主著(原著は1996年刊)の待望の翻訳である。人類の共存をめぐる問いはますます切迫してきているが、本書はその問題の根源にまっすぐ向かっていく骨太の書物だ。

後者は昨年(2004年)初頭に刊行された小著の翻訳。2002年9月から2003年7月まで、11回にわたって放送されたラジオ番組に基づいている。そのさなかに起こったイラク戦争が本書に影を落としているのが印象的だ。

こうした日本語訳が立て続けに刊行されるほんの少し前、3月中旬に、フランスではついに、彼の最晩年の総まとめと呼ばれることになるだろう『キリスト教の脱構築』第一巻が刊行された。第一巻は"La Declosion"と題されている。これは非隠蔽性、と訳すべきだろうか。つまりハイデガーのUnverborgenheitである(『存在と時間』第1部第1篇第6章第44節bなど)。

本書では序論もあわせて15篇の論文が含まれているが、そのうちのひとつである14番目の論文「キリスト教の脱構築」は、すでに大西雅一郎氏による日本語訳がある。『神的な様々の場』(松籟社、2001年)に収録。原書にはない論文だが、日本語訳を刊行するにあたって、ナンシー側から併録の申し入れがあったものだ。若干の体裁的変更はあるが、内容的には同一と見える。

「キリスト教の脱構築」という主題はナンシーの年来のものであったろうが、この第一巻では、デリダやブランショの死によって、ナンシーが彼らに負っているものがいっそう際立ったかたちで見えるようになっているという点を特記したい。デリダの死去のほんの少し前に書いたものだという論文"Consolation, desolation"や、ブランショの死後に手向けられた二篇の論文"Le nom de Dieu chez Blanchot"および"Resurrection de Blanchot"を味わってみたい。

デリダはかつて、2000年に『感触、ジャン=リュック・ナンシー』と題した一書を友に捧げ、ブランショは『無為の共同体』に触発されて『明かしえぬ共同体』(ちくま学芸文庫、1997年。原著は1983年)を書いた。デリダのナンシー論は日本語訳が企画されていると聞くし、『明かしえぬ共同体』の前史とも言うべき諸論文を収めたブランショの『政治論集1958-1993』は、来月末刊行に向けて、いま私自身の手元で最終作業が進んでいる。

『ブランショ政治論集』という題名で月曜社から刊行されるはずのこの本をめぐっては、共訳者の安原伸一朗氏、西山雄二氏、郷原佳以氏が発表者となるミニ・シンポジウムが、5月28日(土)10:00~12:30に、豊島区の立教大学5号館5124教室で開催されることになっている。

さらなるブランショ情報だが、まもなく書肆心水から中期の小説『私についてこなかった男』が谷口博史訳で刊行される。本書をもって、ブランショのおおかたの単行本主要作は翻訳され尽くしたことになる。同書肆では今後もブランショの品切本や未訳論文等がまとめられ、デリダのブランショ論『パラージュ』(原著初版1986年刊、増補改訂新版2003年刊)も出版される予定だと聞く。

どこの店とは言わないが、かつて栄華を誇った某大書店の外国文学棚にブランショの本がほとんど置かれていないのには眩暈がした。品切が多いとは言え、それでもまだ読めるものはある。ちょうど売れてしまって補充する前だったのかもしれないが、他日の記憶をたどるに、やはり置いていなかった気がする。

ブランショを置いていない仏文学棚なんて!と嘆いたりしたら、今の若い人たちからは年寄りじみたことをと失笑されてしまうのだろうか。そんな、まさか。ただし、私が大学を卒業してから十数年。たかが十数年、ではない。この十数年の内にも書店の棚は変わったし、砂浜に書かれた文字のように忘れられつつある作家たちがいるわけだ。

だが、断言しよう、ブランショは必ず回帰する。書くという行為に人間が妄執するかぎり、彼が『文学空間』(現代思潮新社)で述べたことはすべて根深い真実なのだ。オルフェウスは必ず帰還する。[2005年4月24日記す]

***
付記1:ブランショ関連情報についてはウェブサイト"Espace Maurice Blanchot"が有益である。

付記2:ブランショ追悼シンポジウムの記録"Maurice Blanchot Recits critique" (Farrago, 2003)でもデリダやナンシーの、ブランショとのかかわりが読める。本書への寄稿者はほかに、ラクー=ラバルト、ディディ=ユベルマン、ブランショ伝の著者クリストフ・ビダンなど多数いて、日本からも清水徹氏や郷原佳以氏が一文を寄せている。郷原氏によるシンポジウムのレポートが月曜社ウェブサイトで読める。「モーリス・ブランショの死後に行われたパリでのシンポジウムについて 」初出「図書新聞」第2632号-第2637号。

付記3:デリダの生前最後のインタビュー『生きることを学ぶ、終に』が鵜飼哲訳でみすず書房から今月刊行されたことも特記しなければならない。日刊紙『ル・モンド』2004年8月19日付に「私は私自身と戦争状態にある」と題され発表されたインタビューである。インタビュワーはジャン・ビルンバウム。ビルンバウムによる「喪を宿す――子供としてのデリダ」と、訳者の鵜飼氏による「リス=オランジス、2004年8月8日」を併録している。

付記4:また、先月(3月)に刊行された"Rue Descartes"誌の第48号はデリダ特集(Salut a Jacques Derrida)となっている。ジャン=リュック・ナンシーやフィリップ・ラクー=ラバルトをはじめ、ユルゲン・ハーバーマス、ポール・リクール、エレーヌ・シクスー、ルネ・マジョール、マリ=ルイーズ・マレ、エティエンヌ・バリバール、ヴァレリオ・アダミ、ベルナール・シュティグレール、ミシェル・ドゥギー、ジャコブ・ロゴザンスキー、サミュエル・ウェーバー、ジェフリー・ベニントン、ヴェルナー・ハーマッハー、アレクサンダー・ガルシア・デュットマン、ほか、といった豪華な顔ぶれによるテクストを収録。

付記5:"Rue Descartes"誌第48号デリダ特集に先立ち、デリダの死去の直前には、"Europe"誌第901号や"L'Herne"誌第83号でデリダ特集が組まれ、また、死去に前後して『ストラスブールから考える』や『来るべき民主主義――ジャック・デリダをめぐって』といった生前の討論会の記録がガリレ社から刊行されている。デリダの交友と影響関係がいかに幅広いものであったかの証左である、ともいえよう。

付記6:デリダの近刊予定等については当ブログのデリダ関連のエントリーが参考になるかもしれない。当ブログの検索機能で、「デリダ」をサーチするとご覧いただけるだろう。

付記7:デリダ関連の情報蒐集にはウェブサイト"Site Jacques Derrida"が参考になる。
[PR]

by urag | 2005-04-25 18:50 | 本のコンシェルジュ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://urag.exblog.jp/tb/1880955
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< NHK「ラジオ深夜便」で『燈火...      今週の注目新刊(第2回:05年... >>