2013年 02月 13日

ニコラス・ロイル教授来日講演会

弊社出版物の訳者の方々の最近のご活躍をご紹介します。

★宮崎裕助さん(共訳書:ポール・ド・マン『盲目と洞察』)
★西山雄二さん(訳書:ジャック・デリダ『条件なき大学』、共訳書:『ブランショ政治論集』)
★鵜飼哲さん(共訳書:ジャン・ジュネ『公然たる敵』)
『ジャック・デリダ』(田崎英明訳、青土社、シリーズ「現代思想ガイドブック」、2006年12月) をはじめとする数々の高名なデリダ論で知られる、サセックス大学のニコラス・ロイル教授の来日講演会が下記の通り行われ、お三方が司会やコメンテーターとして参加されます。

◎ニコラス・ロイル(Nicholas Royle, 1957-)来日講演会

"Poetry, Animality, Derrida"
日時:2013年2月28日(木)16:00-18:00
場所:早稲田大学・政経学部1号館401教室
コメント:藤本一勇(早稲田大学)、宮崎裕助(新潟大学)
司会:西山雄二(首都大学東京)
主催:早稲田大学文学学術院 表象・メディア論系、共催:脱構築研究会
※入場無料、事前登録不要、日本語翻訳配布、質疑応答のみ通訳あり

"Reading Joseph Conrad: Episodes from the Coast"
日時:2013年3月3日(日)14:30-18:00
場所:佐野書院(一橋大学、西キャンパス南側)
コメント:鵜飼哲、中井亜佐子
司会:中井亜佐子
主催:科学研究費・基盤B「モダニズムの越境性/地域性」
※入場無料、事前登録不要、質疑応答のみ通訳あり
[PR]

by urag | 2013-02-13 19:08 | イベント告知 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://urag.exblog.jp/tb/17309788
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 新規開店情報:月曜社の本を置い...      注目新刊:『死と神秘と夢のボー... >>