ウラゲツ☆ブログ

urag.exblog.jp
ブログトップ
2012年 03月 29日

本日発売:イェイツ『ジョン・フローリオ』、中央公論新社より

ジョン・フローリオ――シェイクスピア時代のイングランドにおける一イタリア人の生涯
フランシス・イェイツ(1899-1981)著 正岡和恵+二宮隆洋訳
中央公論新社 2012年3月 本体4,200円 A5判上製424頁 ISBN978-4-12-004360-4
帯文より:イェイツ史学の出発点を画す傑作評伝。宗教難民の子弟にしてブルーノの友人、初の『エセー』英訳者にして伊英辞典編纂者、シェイクスピア作品の霊感源とも目される異能の人――大陸の人文主義的教養をイングランドに伝え、イギリス・ルネサンスの開花に貢献した特異なイタリア人の生涯と業績を、汎欧的視点から活写する無類の伝記。イェイツ年譜、著作目録などを併載する。

原書:John Florio: the Life of an Italian in Shakespeare's England, Cambridge University Press, 1934.

目次:
はしがき
第I章 ジョン・フローリオの父親
第II章 『第一の果実』
第III章 初期の友人や知人たち
第IV章 フランス大使館にて
第V章 フローリオとブルーノ
第VI章 『第二の果実』
第VII章 ジョン・エリオットの『果実』
第VIII章 エリオットとハーヴィ
第IX章 伊英辞典と「H・S」
第X章 モンテーニュの翻訳
第XI章 宮廷にて
第XII章 宮廷時代の文芸活動
第XIII章 引退と晩年
第XIV章 トッリアーノとフローリオの手稿
結論 フローリオとシェイクスピア
補遺I 読者への辞
補遺II ソープによるフローリオへの献辞

訳者あとがき
読書案内
フランシス・イェイツ年譜
フランシス・イェイツ主要著作
ジョン・フローリオの著作
原註
主要人名索引

★本日発売(版元公式では明日発売)です。昨日28日取次搬入済。シリーズ「メディアシオン」の第三弾です。正岡さんによる「訳者あとがき」によれば、本書はイェイツの第一作で、未訳の著書は本書に続く第二作『「恋の骨折り損」研究』(1936年)を残すのみとのこと(ただし死後刊行の論文集全三巻を除く)。多くの訳書は品切になっているとはいえ、主著である『記憶術』(水声社、1993年)や『ジョルダーノ・ブルーノとヘルメス教の伝統』(工作舎、2010年)はまだ入手可能です。ここまで訳書が揃っているのですから、品切になった本を文庫化して「イェイツ著作集」を作れそうなものですが、はかない願望でしょうか。

★補遺I「読者への辞」はフローリオの著書『言葉の世界』(1598年)から採られたものです。補遺II「ソープによるフローリオへの献辞」はジョン・ヒーリー『エピクテトスの提要』(1610年)が出典。巻末の「読書案内」は二宮隆洋さんによるもの。書物のさんざめく星座は読者だけでなく書店員さんを必ずや益するでしょう。

a0018105_22231760.jpg

[PR]

by urag | 2012-03-29 22:20 | 本のコンシェルジュ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://urag.exblog.jp/tb/14949173
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 東京で初めての月曜社全点フェア...      「図書新聞」に『パリ南西東北』の書評 >>