2011年 12月 10日

紀伊國屋じんぶん大賞2011フェアに「現代思想」元編集長池上さんが登場

「紀伊國屋じんぶん大賞2011」フェアが以下の通り三本立てで来月より紀伊國屋新宿本店でスタートします。それに先立ち、「人文書でふりかえる2011年~2011年に5階人文書売場で売れた本をあつめました」が5階壁面棚にて現在開催中です。

a0018105_17224064.jpg

以下、紀伊國屋さんのプレスリリースです。

「紀伊國屋じんぶん大賞2011」ブックフェア

1)読者が選んだ2011年ベスト人文書30    
2)思想史的大転換期としての2011年――池上善彦選・これからの時代を生き抜くための2011年必読人文書+α
3)ジセダイのための教養!produced by 星海社

会期:2011年1月21日(火)~2月29日(火)
場所:紀伊國屋書店新宿本店5階A階段横壁棚
問合せ:紀伊國屋書店新宿本店5階 03-3354-5700

フェアを記念し、大賞受賞コメントおよび読者推薦コメント付「ベスト人文書30」を掲載した小冊子を配布予定です。「現代思想」元編集長・池上善彦さんによる特別寄稿も収録予定です。2011年2月1日(火)より配布開始予定。

+++

◎読者アンケート募集中
「2011年ベスト人文書」、今年もアンケート募集いたします! 12/8(木)~1/3(火)のあいだ、読者の皆様からアンケートを募り「紀伊國屋じんぶん大賞2011」を選定致します。2011年に刊行された「人文書」のなかで、読者の皆様が読んで純粋に「良い」と思った本をベスト3まで、推薦文をつけて挙げて頂きます。頂戴しましたアンケートはこちらで集約し、ベスト30を選定、フェアにて推薦文つきで展開させて頂く予定です。

★募集内容
・募集対象ジャンル:2011年に刊行された「人文書」
 ※今回のフェアにあたっては、「人文書」は哲学・思想・歴史・宗教・心理・教育・文芸批評の書籍とさせて頂きます。
 ※文庫・新書も可です。
 ※対象としないジャンル :実用書、学参、雑誌、小説、エンターテインメント、コミック、児童文学、絵本など。
・募集期間:12月8日(木)~1月3日(火)
・応募点数:1人3点まで(1点のみでも可)
 ※推薦コメントは100字前後を目安にご記入ください。タイトルのみのご応募も受け付けます。
 ※優れたコメントは転載させて頂く場合がございます。その際はお名前を小冊子に掲載させてきます。予めご了承くださいませ。
 ※ご自身が関わった本の自薦はご遠慮くださいませ。

★応募方法
・FAX ⇒ 紀伊國屋じんぶん大賞2011アンケート用紙(pdf)をダウンロードし、ご記入のうえ「紀伊國屋じんぶん大賞2011実行委員会」宛(03-3354-0142)にFAX送信してください。  
・Twitter ⇒ 紀伊國屋書店新宿本店twitterで募集をかけさせて頂きますので、『#じんぶん大賞』というハッシュタグを付けてご投稿ください。
・WEB ⇒ Kinokuniyaポイントカード会員様対象。Kinokuniya Point マイページにログインしてご応募ください。 

★選考における注意事項
・応募全件を実行委員会が責任をもって選考対象といたします。
・当企画は「読者とともに優れた人文書を顕彰する」ことを第一の目的としており、必ずしも応募数の多い本でベストを決定するわけではありません。その点ご了承くださいませ。
・お問い合わせ窓口:紀伊國屋じんぶん大賞2011実行委員会(新宿本店5階直通03-3354-5700) 

読者の皆様とともに歩む紀伊國屋書店でありたい――魅力的な「書店空間」を読者の皆様とともに作りたい――そうした思いからこの度、皆様にアンケートへのご協力をお願いする次第です。皆様のご応募を心よりお待ちしております。
[PR]

by urag | 2011-12-10 17:22 | イベント告知 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://urag.exblog.jp/tb/14147621
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 危機の時代にこそ読みたい古典:...      月曜社は11年12月7日で創業... >>