ウラゲツ☆ブログ

urag.exblog.jp
ブログトップ
2011年 04月 10日

佐々木中さん「じんぶん大賞」受賞フェア&講演会

紀伊國屋書店新宿本店人文書売場で現在展開中のチバコバ対談フェアのお隣で、佐々木中さんのフェアが好評開催中です。同書店の「じんぶん大賞2010」を受賞された佐々木さんがコメントを寄せた小冊子(写真右)が無料配布中。この賞は読者投票によるもので、小冊子では読者の皆さんから寄せられた数々の人文書への熱いコメントも併載されています。また、受賞記念と「アナレクタ」シリーズ刊行開始を記念して、今週の金曜日に新宿南店サザンシアターにて佐々木さんの講演会が開催されます。佐々木さんのこれまでのテクストと対談を集成したシリーズ「アナレクタ」の第一巻『足ふみ留めて』では、自著『夜戦と永遠』をめぐって『図書新聞』誌上で佐々木さんが白石嘉治さんと松本潤一郎さんを相手に対談した「「永遠の夜戦」の地平とは何か」が掲載されていて、難解な大著を読み解く上でとても参考になります。また、佐々木敦さんを司会に迎えて宇多丸さんと交わした未発表対談「ONCE AGAINが革命だ」も収録されており、必読です。全編痛快な『足ふみ留めて』は佐々木中さんの魅力が全開で、『切りとれ、あの祈る手を』に魅了された読者なら絶対に「買い」ですよ。ちなみに「アナレクタ」シリーズの版元である河出書房新社さんは今月26日発売でジョン・ホロウェイの新刊『革命――資本主義に亀裂をいれる』(高祖岩三郎+篠原雅武訳)を刊行されます。こちらも大いに楽しみです。

a0018105_23324577.jpg


タマフルfeat.佐々木中 春の推薦図書祭り2011@紀伊國屋書店~こんな時だからこそ読書を!

「ライムスター宇多丸のウィークエンドシャッフル」(TBSラジオ954 毎週土曜21時半~0時半放送)と紀伊國屋書店新宿本店がまさかのコラボフェア! 過去の「タマフル推薦図書特集」で紹介された書籍を一挙公開。加えて、シネマハスラーMDノートやシネマハスラーTシャツ(値下げ販売)など、タマフルグッズも期間限定で販売中。さらに「紀伊國屋じんぶん大賞2010」大賞を受賞された佐々木中さんがこの「タマフル推薦図書特集」(2011年3月19日放送)にゲストとして出演されたことを記念し、佐々木さんが番組で推薦した書籍も展開。佐々木さんの受賞コメントおよび読者推薦コメントを掲載した小冊子も無料配布中です!

日時:2011年3月19日(土)~4月21日(木)
会場:紀伊國屋書店新宿本店 5階 A階段横 壁棚
問合:紀伊國屋書店新宿本店 03-3354-5705(5階直通番号)

※「ライムスター宇多丸のウィークエンドシャッフル」……通称「タマフル」。パーソナリティは日本屈指のヒップホップ・グループ「ライムスター」のラッパーにして、J-POPから映画、アイドル、ゲーム、本など、あらゆるテーマを語り尽くす当代随一のトークマスター、宇多丸。人気コーナーの最新映画評「ザ・シネマハスラー」、J-POP・DJミックスSHOW「申し訳ないとフロム赤坂」など、ラジオでしか表現できないコンテンツが満載されたエンターテイメント・プログラムです。加えて、定期的に企画される「タマフル推薦図書特集」は、話題の最新図書を独自の切り口で紹介し、そのたび各地の書店で在庫切れを引き起こすなど、反響大。

a0018105_23441426.jpg

a0018105_23443674.jpg

a0018105_23445270.jpg


◎佐々木中講演会「前夜はいま

紀伊國屋じんぶん大賞2010大賞受賞記念および、佐々木中「アナレクタ」シリーズ刊行開始記念。第81回紀伊國屋サザンセミナー。『夜戦と永遠』で彗星のように出現し思想界を震撼させ、『切りとれ、あの祈る手を』で読書界を席巻し、第1回紀伊國屋じんぶん大賞を受賞した佐々木中が初の小説『九夏前夜』につづき、2006年から2010年までの思考と闘争の軌跡である『足ふみ留めて』を刊行。佐々木中が「書いたこと、語ったこと」を集成する「アナレクタ」シリーズの第一巻である。これを機に佐々木中が来たるべき思考と次なる闘争を語る。

日時:2011年4月15日(金) 19:00開演(18:30開場)
会場:紀伊國屋サザンシアター(紀伊國屋書店新宿南店7F)

料金:1,000円(税込・全席指定)※チケット発売 3/15(火)10:00~
前売取扱:キノチケットカウンター(新宿本店5階)
電話予約・お問合せ:紀伊國屋サザンシアター(03-5361-3321/10:00~18:30)
共催:河出書房新社、紀伊國屋書店
[PR]

by urag | 2011-04-10 23:50 | イベント告知 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://urag.exblog.jp/tb/12401589
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 『アンフォルム』書評が「読売新...      弊社出版物の著者や訳者の方々の... >>