「ほっ」と。キャンペーン
2010年 12月 17日

ユング『赤の書』重版分も版元品切、残るは書店在庫のみ

ユング『赤の書』(創元社)を特価期間中にお買い求めになりたい方に一言おせっかいを申し上げます。ついさいきん重版が出来上がった『赤の書』はすでに版元品切になっているようです。出荷前にすべて受注(店頭補充および客注)で埋まったとも聞いています。よって、書店店頭にある在庫品を買い求めるほかありません。さらに重版するとしても特価期間中にはもう間に合わないでしょうし、一出版人の憶測として言えば、そもそも重版はもう難しいかもしれません。売れてるならやればいいじゃないか、と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、『赤の書』は製作面で高いコストがかかりますし、在庫を抱えるのもたいへんなことです。特価期間を終えてさらに売行が伸びるかどうかも未知数。だから、当分は様子見で重版しないはず。そう用心した方が現実的かもしれません。
[PR]

by urag | 2010-12-17 19:34 | 本のコンシェルジュ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://urag.exblog.jp/tb/11734577
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 河出書房新社さんの注目新刊      ボワ+クラウス『アンフォルム』... >>