ウラゲツ☆ブログ

urag.exblog.jp
ブログトップ
2010年 09月 09日

弊社出版物の著者や訳者の方々の最近の御活躍

★中山元さん(ブランショ『書物の不在』訳者)
光文社古典新訳文庫よりカント『純粋理性批判』第3巻を出版されました。

純粋理性批判 3
カント著 中山元訳 光文社古典新訳文庫 10年9月 本体1,048円 文庫判541頁 ISBN978-4-334-75213-2

カバー裏紹介文より:3巻の「図式論」と「原則論」では、カテゴリーの根拠づけが対象にたいしてどのように機能するのか、それと時間がどのように関係するのかが解明される。イギリス経験論(ヒューム)を根本的に批判し、認識の主体と対象の相互の関係を論じた観念論も批判する。

a0018105_13544963.jpg

◎純粋理性批判 カント著 中山元訳 光文社古典新訳文庫 全7巻

1 10年1月 本体895円 422頁 ISBN978-4-334-75198-2【序論/第一部:超越論的な原理論〔第一部門:超越論的な感性論〕/序文】 
2 10年5月 本体895円 423頁 ISBN978-4-334-75204-0【第一部:超越論的な原理論〔第二部門:超越論的な論理学|第二部門の第一部:超越論的な分析論|第一篇:概念の分析論〕/補遺:[初版の]純粋知性概念の根拠づけ[=演繹]】
3 10年9月 本体1,048円 541頁 ISBN978-4-334-75213-2【第一部:超越論的な原理論〔第二部門:超越論的な論理学|第二部門の第一部:超越論的な分析論|第二篇:原則の分析論/補遺:初版の異稿】

※このまま4カ月に1巻ずつ刊行していくとすれば、再来年上半期には全7巻が完結することになります。堅実な進行具合を拝見していると、完結のその先にさらに『実践理性批判』『判断力批判』と続いていく予感もします。

※光文社古典新訳文庫は創刊4周年になるそうでおめでたいことです。今月(2010年9月)の新刊は上記の『純粋理性批判 3』のほか、『失われた時を求めて(1)第一篇:スワン家のほうへ I』(プルースト/高遠弘美訳)、『悪霊(1)』(ドストエフスキー/亀山郁夫訳)でした。豪華なラインナップですね。来月(2010年10月)の配本予定は13日。書目は以下の通りです。ジュネ/中条省平・訳『花のノートルダム』、シェリー/小林章夫・訳『フランケンシュタイン』、 魯迅/藤井省三・訳『酒楼にて/非攻』。


★今福龍太さん(『ブラジルのホモ・ルーデンス』著者)

紀伊國屋書店新宿本店5Fの人文書売場で長年展開されている連続ブックフェア「じんぶんや」の第64講の選者として、今福さんが「砂漠と書物」というテーマで選書され、今週からフェアが展開されています。またフェアを記念したトークイベント「砂漠から書物の未来へ」も行われます。これは今後定期的に行われる予定のトークイベントシリーズ「〈書物的実在論(リアリズム)〉に向かって」の第一回講演でもあります。このシリーズは今福さんと紀伊國屋書店の共同企画であり、今後は今福さんと様々な識者の対談も計画されていると聞いています。電子書籍ブームが到来しつつある昨今、モノとしての書物のリアリズムに迫る本質的な議論が生まれていくに違いありません。

◎じんぶんや第64講・今福龍太選「砂漠と書物

場所:紀伊國屋書店新宿本店 5Fカウンター前
会期:2010年9月6日(月)~10月12日(火)
お問合せ:紀伊國屋書店新宿本店 03-3354-0131
a0018105_15533710.jpg


砂漠から書物の未来へ――連続トークイベント「〈書物的実在論(リアリズム)〉に向かって #1」(じんぶんや第64講 今福龍太選「砂漠と書物」開催記念)

講演者コメント(今福龍太):砂漠――それは人類文化の発祥の地である。無機的に見える砂の堆積のなかに、人類の無限の叡知が宿っている。だから砂漠は、本が生まれた母胎でもあり、本が行き着く最果ての地でもある。本の生誕の秘密も、来たるべき書物のヴィジョンも、「砂漠なるもの」のなかに隠されているのだ。マルコ・ポーロ、ランボー、ヘディン、T・E・ロレンス、チャトウィン……。人は本能的に砂漠へと惹かれ、その虜となった。彼らの冒険から新たに本が生まれていった。砂漠という出生地、砂漠という黙示録の地。この二つの砂漠のあいだで展開されてきた書物の歴史的生命をめぐって考えること。電子の本がけっしてたどり着くことのない、荒れ果てた、豊饒な砂と風の大地に想像力をはたらかせ、書物の未来について問いかけてみたい。砂漠への、知の冒険行のために!

日時:2010年9月18日(土)16:00~18:00(予定)/開場15:30
出演:今福龍太(文化人類学者・批評家。東京外国語大学教授)
会場:紀伊國屋書店新宿本店 9階特設会場

定員:30名(お申し込み先着順。定員になり次第受付終了)
参加方法:整理券などは発行しません。事前お申し込みの上、会場まで直接お越しください。
入場料:500円(前払い不可。当日会場にて、現金にて承ります。)
お申し込み先:紀伊國屋書店新宿本店5階人文書カウンター、またはお電話でお申し込み下さい。
お問い合わせ:代表03-3354-0131(10:00~21:00)
[PR]

by urag | 2010-09-09 15:56 | イベント告知 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://urag.exblog.jp/tb/11255376
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 大竹昭子連載「森山大道のOn ...      トークイベント「電子書籍時代の... >>