2010年 06月 17日

「FORZA GIAPPONE」サッカーフェア@丸善名古屋栄店

◎「FORZA GIAPPONE」サッカーフェア

日時:2010年6月9日~7月11日
場所:丸善名古屋栄店 2階人文書売場 哲学・思想書棚

ワールドカップの開催にあわせてサッカーフェアが丸善名古屋栄店で開催されています。弊社より刊行している今福龍太『ブラジルのホモ・ルーデンス』も置かれています。ユニークなのは、哲学思想書コーナーで展開しているということです。企画者は目利きで有名なKさん。売場の写真もKさんからいただきました。

a0018105_1895350.jpg

a0018105_1810201.jpg

また、同売場では、河出書房新社のISED本の発売を受けて、6月20日以降から8月上旬にかけて、エンド台にて「アーキテクチャ――動物化する社会における新秩序の設計・技術・リアリティ、あるいはその統治性の問題をめぐって」が開催されるとのことです。弊社の本も3点(『民衆防衛とエコロジー闘争』『芸術とマルチチュード』『表象02』)入れていただいたようです。

ちなみに丸善さんと言えば、福岡ビル店が今週末19日で惜しくも閉店。かわりに、来春800坪で博多店がオープンすると報道されています。また、新静岡店が7月30日に閉店とも報道されています。戸田書店静岡本店のオープンの影響でしょうか。一方、その戸田書店は秋田店が今月末で閉店。立地的に離れているとはいえ、市下ではジュンク堂書店秋田店が専門書販売の覇権を掌握しつつあるということでしょうか。

***

また、紀伊國屋書店新宿本店さんでは今月いっぱいまで「未知谷」の創業20周年記念フェアを好評開催中です。私事で恐縮ですが、大学生の折に岩波書店や平凡社の試験を受けてみたものの見事に落ちて、卒業後に就職浪人した時、2か月ほどバイトでお世話になったのがほかならぬ未知谷でした。92年当時未知谷はまだ創業から間もない頃で、サドとヘーゲルの新訳を同時期に刊行するなど、極めて個性的な船出を成し遂げていました。社長兼編集長のIさんに営業兼経理担当のOさんの二人で運営されており(Oさんは現在は別の版元に移られています)、事務所は今と違って湯島(中山書房仏書林さんの近所)にありました。月曜社を立ち上げる時、IさんとOさんは私に様々なアドバイスをして下さり、今なおその教えは私の胸に刻まれています。

◎「未知谷創業20周年記念フェア

創業20周年を迎える個性的な出版社、未知谷さんの全点フェアを全国どこよりも早く開催します。当売場の「人文書宣言」ならではの僅少本、サイン本なども多数ご出品いただきます。※ソクーロフなど、サイン本がとてもよく売れています。品切必至のため、お早めにご来店ください。

会期:2010年5月31日~6月30日
場所:紀伊國屋書店新宿本店 5階人文書売場 A階段横壁棚
お問合せ:紀伊國屋書店新宿本店 03-3354-0131

a0018105_1811447.jpg

※併催中の催事→「脳にいい本だけを読みなさい!」フェア(7月12日まで)。さらに6月29日19時より、紀伊國屋書店新宿南店サザンシアターにて、林成之×香山リカ×河野哲也×森健トークイベント「脳にいい本、悪い本~「脳の本」数千冊の結論」(全席指定1000円)。

***

最後に、千駄ヶ谷のブックカフェ「ビブリオテック」で先月開催され好評だった上島春彦さんの『血の玉座――黒澤明と三船敏郎の映画世界』(作品社)刊行記念トークイベントが、来月ジュンク堂書店新宿店でも開催とのことなのでご紹介します。

◎上島春彦×関口良一×大久保清朗「黒澤、マキノ、成瀬――出会う人、すれ違う人 『蜘蛛巣城』を起点に

日時:2010年7月2日(金)開演19:00(開場18:30)
会場:ジュンク堂書店新宿店8階喫茶
料金:1,000円(1ドリンクつき)
定員:50名
受付:7階カウンターにて。電話予約も承ります。ジュンク堂書店新宿店 03-5363-1300

内容:黒澤明、マキノ雅弘、成瀬巳喜男。彼らは一時期の東宝撮影所を拠点に、多くの作品を残した。このたび『蜘蛛巣城』までの黒澤の初期作品を三船との関わりを中心に分析した著作『血の玉座――黒澤明と三船敏郎の映画世界』(作品社)を上梓した映画評論家・上島春彦を中心に、この三人の監督の人脈を振り返り、撮影、脚本、製作企画などに現れるそれぞれの見どころを探る。

上島春彦(かみじま・はるひこ)1959年生。映画評論家。著書に『血の玉座 黒澤明と三船敏郎の映画世界』、『レッドパージ・ハリウッド 赤狩り体制に挑んだブラックリスト映画人列伝』(以上、作品社)など。
関口良一(せきぐち・りょういち)1948年生。伝説の映画雑誌「シネティック」の元編集長。現在はアテネ・フランセ文化センターの映画講座「アナクロニズムの会」世話人を映画評論家・吉田広明と共に務める。
大久保清朗(おおくぼ・きよあき)1978年生。東京大学大学院総合文化研究科超域文化科学専攻表象文化論博士課程在学中。映画研究者。共著書に『成瀬巳喜男の世界へ』(筑摩書房)。現在、『浮雲』論執筆中。
[PR]

by urag | 2010-06-17 18:11 | イベント告知 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://urag.exblog.jp/tb/10825632
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 高祖岩三郎さん三冊目のニューヨ...      本のスキャン代行(いわゆる自炊... >>